妊娠・出産・育児の情報サイト


ハイパー安産からまさかの展開。膣壁血腫があり緊急手術に

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠37週に入り、もういつ生まれても良いよ~という正産期に突入した娘。

 

前駆陣痛らしいお腹の張りはたびたびあったものの、そこまでお腹が痛むわけでもなく…

お産はまだまだ先かと思われました。

しかし、日に日に骨盤・恥骨・尾てい骨が痛くなり、歩くのが辛い状態に。

なんだか気になり、妊婦健診の前に産院に相談して、受診することになりました。

受診した結果…

子宮口がすでに6cm開いているとのこと!

二人目だったこともあり、自宅に戻ったとしても、陣痛が始まってしまったらあっという間に産み落としてしまう危険性もあるということで、即入院して陣痛促進剤を投与することになりました。

幸い副作用などもなく、一時間ほどでなんとなく痛みの波が付き始め、それでもまだまだ余裕だな、なんて思っていたら、お腹のなかでブルン!!というような、ズルン!!!というような、激しい揺れを感じました。

と、同時に急激に押し寄せる痛み。

一気に陣痛のMAXな痛みに襲われ、慌てて分娩台へ移動することに…

あれよあれよと分娩台に乗せられて、そこからフンッと三回ほどいきんだらサクッと娘は出てきてくれました。

助産師さんもついてくださった産科の先生も、「早かったねー!」とビックリされていて、結果本格的に陣痛に苦しんだのは15分くらいだったのでは?というハイパー安産でした。

カンガルーケアをさせてもらい、娘は上手におっぱいも吸ってくれ、お産は痛かったけれども、幸せの絶頂を感じていました。

…が、幸せな時間はここまででした。

みるみるうちに尾てい骨から骨盤全体にかけて広がる痛み。

そしてじゅわじゅわと股から流れを感じる水分。

お産で膀胱がバカになっていて、おしっこを漏らしているのかしらと錯覚するほどの量に、まさかそれが出血だとは思いもしませんでした。

産科の先生にも見ていただいて、止血剤を投与して様子を見るということになり、

これで一安心と思ったわたしは仕事を中抜けしてお産に立ち会ってくれた旦那に「仕事に戻って大丈夫だよ、ありがとね!」なんてお礼をいう呑気っぷり。

しかし旦那が仕事に戻った後も出血が止まる様子はなく…

再度診察していただいたところ、膣壁血腫が出来ていることが分かりました。(この診察がまた激痛でした…)

急遽手術を行って、血腫の除去と切れた血管の縫合をする必要があると説明され、

あれよあれよとストレッチャーに乗せられて、手術室へ。

手術の内容をきちんと理解する暇もなかったため、不安げな顔をしていたのか、産科の先生は「大丈夫だよ、大丈夫だからね」と何度も声をかけてくれました。

そうこうしているうちに麻酔が効き、わたしは眠りに落ちました。

目が覚めたときにはすべての処置が終わった状態でしたが、身体中に点滴やら心電図やら尿道カテーテルやらで線だらけ…

相変わらず尾てい骨は痛いし、寝返りを打つのも一苦労。

麻酔から覚めた後は一睡もできませんでした。

(娘はナースステーションで預かってくださってました。)

私の体はこの後どうなってしまうのだろう、

娘は大丈夫だろうか、

明日はちゃんと娘のお世話をできるだろうか…

そんな不安を抱えて朝を迎えました。

朝を迎えてみたら、

心電図を外してもらえ、尿道カテーテルも順調に外れ、点滴も外れ…

心底ホッとしていく自分がいました。

その日の午後には母子同室も許され、自分が生きててお世話を出来ることに感謝しきりの日々を過ごしております。

超安産だと思っていた今回のお産。

お産は本当に何が起こるか分からないんだなということを心底実感しました。

「尾てい骨付近が痛い」「お漏らしてしまったかも」という私の何気ない言葉から迅速な対応をしてくださった産院のスタッフの皆様に、この場をお借りして心からの感謝を申し上げたいと思います。

ちなみに、緊急手術が決まった際、旦那は仕事に戻る高速道路の上…

手術と聞いて血の気が引いた模様。

戻るに戻れず、「大丈夫だよ」という私の言葉を信じて車を進めたものの、私が麻酔から目覚めて連絡をいれるまでは気が気ではなかったそうです。

完全に「大丈夫」と判断してもらえるまでは、立ち会ってくれた人に側にいてもらうと安心かもしれません。

私の体験が、今後お産に臨む方の参考のひとつになれば幸いです。

著者:もこ

2歳長女、新生児の次女を育児中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。