妊娠・出産・育児の情報サイト


え、うそでしょ。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

みんなが経験するわけではないけど、意外と経験する人の多い話です。

 

私は妊娠してすぐに「早産になるかもね。早めに大きい病院に一度検診に行っておいたほうがいい」と言われました。

早産になるかもしれない理由は、子宮頸管が普通は出産するまでに徐々に短くなるのですが私の場合妊娠初期から短かったからです。

いわゆる切迫早産です。

 

一応経過観察するとのことで、すぐ入院ではなかったのですが、妊娠28週目の健診の時に里帰り先の大きな病院で「まだ短くなってるから入院だね」となりました。

その入院生活がとても長く辛かったです。

 

まず割とやばめの切迫早産だったので、ベットから動いて1人でどこかに行くのは禁止でした。お風呂もお腹が張ってない日に2日に1回で、シャワー室まで車椅子移動です。

そして私的に1番辛かったのは、病院食でした。味が薄いを通り越してほぼない状態の茹でただけの野菜やすごく柔らかいご飯、少ないおかず…。とにかく美味しくないご飯でした。

 

まぁ赤ちゃんのためだし我慢したけど、やっぱ耐えきれずにお見舞いに来てくれる人になんか買ってきてもらったり、夫にふりかけ持ってきてもらったり色々しました。

そんな私が頑張れたのは、週に一度のエコー写真で赤ちゃんを見れたのと、夫や友達がほんとに少しの時間でもあれば来てくれて、たわいもない話をしてくれたからです!

 

最後の最後には、看護師さんともすごく仲良くなれて産んだらみんなに祝福されました。普通に産んでももちろん祝福されるけど、他の人よりほんの少したくさんの人に祝福されたのが何より嬉しかったです!

著者:えーちゃん

1歳の男の子育ててます!

今現在奮闘中だけど産む前から大変だったなーって思ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。