妊娠・出産・育児の情報サイト


前駆陣痛から出産まで壮絶だからこその幸せ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

辛かった切迫流産や悪阻を乗り越えてやっと妊娠9カ月。子宮の位置が低いと医師から言われていたので出産が早くなるかも?と、妊娠9カ月頃から、いつ陣痛がきてもおかしくないなとは思っていました。

何の前ぶれもなくお腹の痛みが続き、出産経験者の話を聞いて前駆陣痛だということがわかりました。

 

それから毎日前駆陣痛の痛みで夜も熟睡できない日々が続き38w2d。いつものようにお腹が痛いなー。と横になっていると股の間ら辺でポチンという不思議な感覚…。

なんだろうな?と思いつつ寝返りをうつと温かい水がタラ〜っと。立ち上がると排尿とは全く違う感覚にすぐに破水だと気付きました。

病院に急いで電話をし、夫を起こして病院へ。検査をしたところやはり破水でした。

 

医師の診断をうけ陣痛促進剤を使う事になり、am9時頃 錠剤の促進剤を開始。使った促進剤は子宮口を柔らかくして陣痛を促す作用があるとの事でした。

地味な陣痛に耐えながらもあまり変化は無く、子宮口2㎝で1日目が終了しました。

 

2日目は点滴の促進剤を試す事に…。

1日目と同じく薬の種類は違うが、子宮口を柔らかくする作用があるとのこと。今日こそは産まれてほしいと願いながら、陣痛を耐えたが2日目もあまり変化はなく、子宮口3㎝でこの日も終了。

3日目を迎え、なかなか産まれない不安から先生に「いつまで促進剤を続けますか?」と質問すると、「破水も止まっていて感染率も上がっていないので、お母さんの体力の限界がくるか、発熱するまでは1週間以上でも促進剤を続けます」と言われ先の見えない不安と陣痛の辛さから思わず涙が…。

 

今日も頑張ろうね!とお腹に声をかけ、促進剤を開始。3日目はお腹の収縮から陣痛を促す作用の点滴促進剤でした。

この日は一番私に合う促進剤ですぐに痛みが始まりました。

 

am9時から促進剤を始め、pm3時頃にやっと出血が増えだしました。

pm4時になり、先生の内診をうける予定でしたが「今日も多分産まれないので内診はやめますから部屋に戻って下さい」と言われました。え?こんなに痛いのに内診してくれないんですか?とショックで助産師さんに涙ながらに訴えたところ、その日の助産師さんはとても優しく、私が代わりに内診してあげるよ!と言ってくれました。

内診をしてもらうと子宮口が既に8㎝に!

部屋に戻っていたら痛みに耐えれず、ナースコールも押せないまま悶え苦しんでいたのかな?と思います。

 

すぐに夫に連絡し、仕事を終えて病院に駆けつけてもらい、到着したpm5時半頃分娩室に入りました。

分娩台に乗ると始めての出産なので不安と今から何をするんだろう?と恐怖でいっぱいになりました。

ただひたすらいきみながら、痛い。痛い。と叫ぶ私に、夫が頑張れ!頑張れ!と手を握ってくれ、何度も心折れそうになりましたが頑張ることができました。

出産は分娩室に入ってから2時間半後。気を失うわじゃないかと思う壮絶な痛みの先には、可愛い可愛い我が子との対面が待っていました。

子供を抱くと苦しかったという記憶よりも幸せな気持ちでいっぱいになりました。

頑張れ!と手を握り支えてくれた夫の存在、お腹の中で一緒に頑張ってくれた子供の存在。全てが宝物です。

そして幸せな一生の思い出ができました。

悪阻や陣痛。苦しい事もありますがその先に幸せが待っていると前向きに妊娠生活、出産をみなさんにも頑張ってもらえたらと思います。

著者:piii

2019年6月14日 pm7時43分

第一子 3278g男の子を出産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。