妊娠・出産・育児の情報サイト


予想外に苦労した妊活

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚後、1年は夫婦の時間を楽しみたいと思い、すぐに子作りは考えておりませんでした。しかし、いざ欲しいと思ってからが、こんなにも時間がかかるとは全く思ってませんでした。

仕事も事務職ですが残業も多くわりと忙しい職場でした。体温を測りながら排卵検査薬を駆使し、何度もトライして妊娠検査薬で絶望する、この繰り返しを自己流で半年。ついに、通院を考え始めました。

始めは、タイミング療法で排卵に合わせて平日通院を繰り返す必要があります。さすがに何度も休みを貰うため、上司に理由を伝える決心をし、定期的にある職務面談で不妊治療を上司に伝えました。

男性上司に伝えること、業務でまわりに迷惑をかけてしまうことで、かなり抵抗がありましたが、ありがたいことに理解頂き応援していただき、嬉しい気持ちとホッとする気持ちでした。かなり休みやすくなりました。

私の会社は最近不妊治療のため半年の休業がとれる制度もできました。不妊治療をするとで、業務で迷惑をかけてしまいますが、その分一生懸命貢献したい気持ち、会社への感謝の気持ちが膨らみます。

結局2年かかりました。治療で月に1回2回、早退や時間休を使い、先の見えない治療と申し訳ない気持ちを抱え、業務も多忙で辛い時期もありましたが、仕事がそんなモヤモヤを忘れされてくれることもあり、無事卒院ができました。周囲の環境には大変感謝してます。

著者:かぴばら三兄弟

通院2年

顕微授精4回目で10月出産予定

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。