妊娠・出産・育児の情報サイト


素っ裸のまま手術台の上で1時間待ちぼうけ。いろんな感情が押し寄せた帝王切開出産 by つぶみ

ゼクシィbabyみんなの体験記をご覧のみなさん、こんにちは!つぶみです。

今回は、ほにゅが産まれてくる日のことについて描きたいと思います。

 

 

ほにゅは妊婦健診に何度通っても逆子でした。
とうとう最後の健診までくるりと回ることなく、帝王切開で誕生する事が決定しました。

帝王切開は、出産日が決まっているので、心が決まっているところも良いところだなぁなんて思います。

しかしやはりドキドキ。
初めての体験。
どんな出産になるのかな…。

家族には気付かれないよう、平常心を装っていました。

f:id:xybaby_ope_01:20200225114924j:plain
産院に着くと、すぐさまNST、浣腸、点滴、シャワーなどなど、やる事が盛りだくさん。出産する前から既に疲れるわたしでした。

f:id:xybaby_ope_01:20200225114937j:plain

わたしの場合、検査や準備終了後、15時から手術室へ…という流れのはずでしたが、麻酔科医の先生が別の手術のため遅れ、16時から帝王切開開始と言うことになりました。

もちろんソワソワはしていましたが、もう心を決めるしかないので、名前を呼ばれても躊躇なく手術室へ向かう事が出来ました。

付き添いをしてくれた夫と実母は、呆気なく手術室へ向かうわたしの姿に「え、こんなさらっとした感じなの…?!」とビックリしたと教えてくれました。笑

f:id:xybaby_ope_01:20200225114949j:plain


手術室へ到着し、器具をつけられて、素っ裸になり、いざ!というところへ連絡が…。
まだ麻酔科医の先生が来られないとの事でした。

ここまできてしまったらしょうがないと思い、待ちましたが、結局1時間、素っ裸のまま手術台へ乗せられた状態で待ちぼうけをくらいました。

なかなかの経験だったと思います。

f:id:xybaby_ope_01:20200225115002j:plain

麻酔科医の先生が到着し、先生の姿を見たら血圧が上がったようで、「つぶみさん、先生見て緊張しはじめたね〜笑」なんて笑われましたが、いやいや当たり前でしょうー!緊張するよ!顔に出さず隠してるだけ偉いんです!!笑

 

そこからはもう本当にあっという間でした。

痛いと脅されていた麻酔はそんなに辛いものではなかったし、麻酔が効かないなんて事もなく、お腹を圧されて気持ち悪いなんてこともわたしは特に感じませんでしたが、麻酔が効いてる下半身の違和感は常に感じていました。

f:id:xybaby_ope_01:20200225115014j:plain


そんなこんなで、頭で色々考えていられる状況ではありましたが、5分くらいだったかな、出ましたよ〜!の声と共に、元気な元気な産声が聞こえました。

あ、帝王切開でもちゃんと、産まれたことに気づいて自分で泣くんだなぁ…なんてぼんやり考えているところに、助産師さんが産まれた我が子を横に連れてきてくれ、その顔を見たら色々な感情が産まれて、一言「良かったぁ…」とだけしか言えませんでした。

f:id:xybaby_ope_01:20200225115028j:plain

 

やりきった感満載なわたし。

産前の余裕は何処に、と思うほど涙がポロポロと溢れ出てしまいました。
可愛い可愛い我が子、出逢えた事に感動してしまいました。

産む前はこんな気持ちになるなんて知らなかった。
出産ってすごいです。

夫も初の我が子に感動している事だろう…実母は私を産んだ時を思い出し感動しているのではないか…などなど考えながら手術室を後にすると、ただただ私の安否を心配してくれている2人の姿。

自分との温度差に少し恥ずかしくなりました。笑

f:id:xybaby_ope_01:20200225115045j:plain

といった感じの、初めての出産体験でしたが、本当に本当に出産というこの大きな出来事に、ただただ感動するばかりでした。

出産していちばん幸せなのは、わたしでした。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20191114114823j:plain
著者:つぶみ
年齢:30代
子どもの年齢:1歳

元気有り余る男児、ほにゅの母。ほにゅという名前は、産まれてすぐに本人が喋った言葉からとっている。パートとして勤めながらイラストを描いたり歌を歌ったりする母。好きなものは、ほにゅのふともも。

インスタグラム:@tbys141122

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。