妊娠・出産・育児の情報サイト


出産時は必死でした!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

今思い出すと笑ってしまう話。

 

1人目の出産の時、ずっといきみ逃しで痛みに耐え続けていたので、いざ分娩台に上がったら「さぁ産んでやる!!」という意気込みがすごかった私。

 

助産師さんの、いきんでいいよ!との声に「体力には自信があるんじゃーー!」とばかりに思いっきりいきんでいたんですが「目は開けててね。ギューって目つぶってると目の周り黒く内出血しちゃうから!」と言われてしまいました。

 

そういえば聞いたことある!と思って慌てて目を開けたのですが、周りの助産師さん達がクスクス笑い出す…?

「あのね、そんなに見開かなくても薄く開けるだけで大丈夫だよ。笑」と。

 

こっちは産むのに必死だから、そんな微調整できません!

もう0か100かしかできないから、開けと言われたら「カッ!!」と見開くしかできず、結局そのまま目が乾きそうな勢いで見開いたまま無事に出産しました。

 

その時は必死過ぎて何とも思わなかったけど、落ち着いてから分娩台で目を見開いていきむ自分を想像したら何とも滑稽で…笑

出産に慣れてるはずの助産師さん達が笑うって、相当鬼の形相だったのかな。笑

 

その時のことを教訓に、2人目の時は薄く目を開けることを意識して落ち着いて出産できました。

 

夫の立会いは間に合わなかったので逆によかったのかな?と思いますが、出産時をビデオなどに残す予定の方はお気を付けください。笑

著者:りず

7歳、4歳の女の子の母。

男の子(予定)を現在妊娠中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。