妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの頭が大きすぎて骨盤を通れない!? 誘発分娩当日に緊急帝王切開へ!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

第一子をまさかの緊急帝王切開で出産しました!

もともと妊娠中の健診で息子が大きめと言われていたので、大きくなり過ぎる前に陣痛促進剤を使用して誘発分娩をする事になりました。

 

誘発分娩の日程が決まり、最後の健診を前日に受けました。その時点では特に問題無し。経膣分娩の予定で進めると医師に言われました。

健診後から計画入院をして、明日行う処置の説明を受けたりモニターを着けたりしました。

 

そして誘発当日の早朝。陣痛室に移動し、陣痛促進剤の準備が始まりました。

色々な説明を受けたり書類にサインをしたり、NSTに内診。緊張しながら促進剤を開始する時を待っていました。

 

...ところが突然、医者と看護婦さんや助産師さんが数名ゾロゾロ部屋に入ってきました。異様な空気が漂いました。絶対何かある!

そこで急に言われたんです。

『児頭骨盤不均衡だと分かった為、緊急帝王切開に切り替えます。経膣分娩だと母子共にリスクが高過ぎます。今日中に手術をしましょう。』

児頭骨盤不均衡は、赤ちゃんの頭の大きさや形がお母さんの骨盤と釣り合わない状態の事。経膣分娩が困難な状況だと説明を受けました。

急な展開&手術の恐怖で頭が真っ白になりました。

帝王切開!?私が!?何で!?怖い!!

昨日の健診では問題無いって言ってたのに〜!

身内にも周りにも帝王切開で出産した人も居ないし、大きな手術も受けた事無いし、とにかく怖くて泣く事しかできませんでした。

そんな状況なのに帝王切開や麻酔のリスクの説明を聞かされて更に泣いた記憶があります(笑)

 

そして心の準備ができる前に手術の時間になってしまいました。

駆け付けてくれた家族の励ましと、手術中に付き添ってくれた助産師さんに支えられながら手術台へ。私はずっと号泣でした(笑)

 

手術は身体が強く引っ張られたり押されたりする感覚があり何とも不快。でも痛みも吐き気も無く、我慢できる不快さでした。

 

手術開始から数十分。

腹部が一気に軽くなる感覚と同時に産声が聞こえ、息子誕生!!!

声を聞いた瞬間、今までの不安で流してた涙とは違う涙が溢れました。

 

術後の後陣痛と傷の痛みは過酷でしたが、不思議と息子の顔を見ると痛みが吹っ飛びました。痛みも日に日に良くなり、術後3~4日目には痛み止め無しでスタスタ歩ける様にもなりました。

後から医師から説明がありましたが、あのまま帝王切開をせずに促進剤を使って経膣分娩をしていたら、子宮破裂や大量出血、母子共に危険な状態になってた可能性が高いと言われ...ゾッとしました。

 

緊急帝王切開に切り替わった時は本当に怖くて不安な思いをしましたが、今では息子と私の命を守る為に帝王切開に切り替えて頂いた事に感謝しています。

 

これから帝王切開を受ける方へ。

大丈夫ですよ!!不安な気持ちはどんどん家族や医師、助産師さんに伝えて下さい。

本当にあっという間に可愛い赤ちゃんに会えますよ!術後も一人で頑張らずに周りに頼ってください!

著者:あみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。