妊娠・出産・育児の情報サイト


新生児湿疹に悩まされた時期に出会った先生は、焦りでいっぱいだった私の心の支えに by たんこ

息子は肌が敏感で、“乳児湿疹” “脂漏性湿疹”と呼ばれるものに悩まされ、掻きむしり防止のためのミトンが手放せない赤ちゃんでした。

 

生後1ヶ月を過ぎた頃には顔全体が真っ赤にただれたようになり、ベビー服の襟首は浸出液が黄色く固まり、変色するほどでした。

f:id:xybaby_ope_04:20200302145907p:plain

保湿ケアの知識もなく、スキンケア知らずだった上の娘の時は、肌トラブルもなく過ごしていたのに、私の妊娠中の生活が悪かったのか、今の食生活が悪くて母乳に影響が出ているのか…
 
夫がアトピー性皮膚炎で現在も苦しんでいるのを見ていたのもあり、皮膚科に通ってもなかなか根治できない症状に焦りや罪悪感は募るばかりで、外出してもついベビーカーのフードを深くかぶせてしまっていました。
 
そんな中、市で行われた3ヶ月健診でのこと。
 
息子の顔をみた先生が、顔をしかめてこう言いました。
「これはひどい、今まで何してたの?今すぐステロイドで治療しないと」

f:id:xybaby_ope_04:20200302150207p:plain

確かに、通っていた皮膚科ではステロイド薬ではなく、保湿剤を処方されていました。
 
それで少し改善してはまたぶり返すことに、焦りを感じていたのも事実です。
ステロイド薬に副作用があるのは、膠原病で強いステロイド薬を内服し続けている私自身が身をもって経験して来ましたが、それに命を救われ今があります。
 
上手く使えば何よりの薬であることは、知っていました。
ですが、なかなか量を減らせない辛さ、コントロールの難しさも感じ続けてきました。
 
やっぱり、使わなきゃダメか…
健診が終わると、私はそのまま車をかかりつけの皮膚科へと走らせました。
 
そして、健診で先生に告げられたことを、かかりつけの先生に相談。
すると、先生はその選択肢を挙げながらも、こう優しく語りかけてくれました。
 
「今はこの子の、こういう時期なの。
 絶対よくなるから、焦らなくて大丈夫。
 こういう子、たくさん見てきたわ。
 でも、1歳を過ぎれば、信じられないほどよくなっていくよ」

f:id:xybaby_ope_04:20200302150534p:plain

きっと、私が焦りでいっぱいいっぱいになっていたのを、感じ取ってくださったのかもしれません。
そう言うと先生は、かつての症例写真をいくつか見せてくださいました。
 
本当に、よくなるのかな… 
うちの子は、良くならなかったらどうしよう…
そんな不安をぬぐい去るのは難しいものの、その時の先生の言葉は強い支えとなり、
ずっと私の胸の中にありました。
 

そして、1年が経ち…
 
本当に、1歳を過ぎたあたりから浸出液が出るほどの湿疹は出なくなり、2歳を過ぎた今では、きれいさっぱり、湿疹の痕もなくなりました。
今も乾燥してくると腕を掻いてしまう癖があり、基本的には敏感肌・乾燥肌の素質があるのだと思いますが、毎日必死にスキンケアをし、血だらけのベビー服を手洗いしていたあの頃がうそのようです。

f:id:xybaby_ope_04:20200302150835p:plain

今ではパパのヒゲジョリにも負けない、強肌に…
 
健診の先生の言葉も、もちろん医学的見地からすれば正しい意見で、ただの湿疹と言えど、ひどくなれば感染症の恐れも出てきます。
 
かかりつけの先生も、感染リスクがある場合には、命を守るためにも強い薬を使わなければならないとおっしゃっていました。
ですが、焦りと罪悪感でいっぱいだったあの頃の私には、あの言葉はとても鋭く突き刺さるものでした。
 
どの治療法が効果を見せるか、それは本当に人それぞれです。
子どもに合う治療法をみつけるのは、親としてとても大変で難しく、時には心が折れてしまいそうにもなりますが、信頼できる先生に出会えれば、その険しい道も前向きに進んでいける。
そんなことを教えていただいた経験でした。
 
 

f:id:akasuguedi:20180702132214p:plain

著者:たんこ
年齢:31歳
子どもの年齢:4歳と0歳
発達ゆっくりさんな娘と能天気な夫と、新たに加わった暴れん坊な息子と暮らす、元ひきこもりの凶暴な大根です。

instagram:@kei_mio
twitter:@mio_tanko

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。