妊娠・出産・育児の情報サイト


重症妊娠悪阻

f:id:xybaby_ope_04:20200324131157j:plain

f:id:xybaby_ope_04:20200323142124p:plain

妊娠2ヶ月から始まったつわり。徐々に気持ち悪いときが増え、家事が出来なくなり、食べられるものが減り、ついには寝たきりに。

嘔吐も始まり夜も眠れない日々が続き、実家に帰ることに。血や胃液、胆汁を吐くことが続き、病院へ。ケトン 3、体重-6kg、脱水で重症妊娠悪阻と診断されました。かろうじてアイスが食べられていた為入院せずに済みましたが、何をしていても気持ち悪くてたまらない私は、入院したいくらいでした。

しかし、それから毎日注射に通い、ナースから炭酸をすすめられて飲み始めたところ、美味しいと感じ、ほんとに少しずつですが、食べられるものが増えたり、飲めたり出来るようになりました。また、気持ち悪さはあるものの、唯一シャワー浴びているときが辛さを忘れられるときでした。

妊娠5ヶ月を過ぎたくらいからつわりがおさまり始め、白米を久しぶりに食べられたときは嬉しかったです。その後実家から、元々住んでいたアパートに戻りました。

実家でお世話になって申し訳ない思いもありましたが、今思えば、約20年振りに両親と生活出来たことは、よい思い出となりました。母親になるということはどういうことか、また、母の家事の様子を見て、特に料理は勉強になり、今に活かされています。

著者:りんご

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。