妊娠・出産・育児の情報サイト


SNSを見るのが辛かった

f:id:xybaby_ope_04:20200324125858j:plain

f:id:xybaby_ope_04:20200323142124p:plain

就職してすぐに生理がぱったり来なくなり 不安に思った私はすぐに婦人科を受診しました。

そこで言われたのは多嚢胞性卵巣症候群。慣れない社会人生活がストレスになっていたそうです。

そこから 今の旦那と出会うまで薬で生理を来させていました。

付き合ったと同時に私の疾患を伝えました。それを承知の上で付き合ってくれました。

生理を来させるために病院に通った期間は18から23までの5年間でした。

婚約が決まったと同時に どうしても子供が欲しかったので妊活を始めました!

 

タイミング法からはじめ 約1年間頑張ったのですが妊娠出来ず…

その間に周りの友達がどんどん妊娠をし出産をしていく。

SNSを開けば誰かの妊娠や出産の報告に

胸が痛くなり毎日のように泣いて 「なんで私は授かれないんだろう」ってたくさん自分を責めました。

親友からの妊娠報告も本当に心から喜べなかった自分がいました。

「赤ちゃんは授かりものだから焦らない」

そういつも自分に言い聞かせていたのですが 上手くいかず1年が過ぎました。

 

結婚式の準備もあり お互い1年の妊活に精神的に疲れていたのと もう行為が事務的になってしまい悲しくおもったのもあり 今月のタイミングで1度妊活をお休みしようと決意しました。

そしたらなんと その最後のタイミングで授かることが出来ました!

 

妊娠検査薬の陽性反応を見た時は

本当に信じられず 頭が真っ白になりました。夢なんじゃないかって思って ドラマや映画のようにほっぺをつねってみたり

ビンタしたりしてみました!笑

痛かったので夢ではありませんでした!笑

 

たくさん悩んで たくさん挫折しました。

けど旦那と一緒に希望を捨てず努力しました!

旦那の支えや協力がなかったら 妊娠は出来なかったと思います。

妊娠が分かった時の喜びは一生忘れまさん。

著者:わにさん

25歳 8ヶ月の男の子のママ

音楽 ライブやフェスが大好き!

アウトドアも大好きなパワフル

バンドマンママです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。