妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの心拍が下がり緊急帝王切開に。私のはじめての妊娠・出産体験記

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

はじめて妊娠した時は、母親になること、自分に赤ちゃんができたこと、全てが嬉しかったです。もちろん不安もありましたが、それよりも楽しみ嬉しい幸せという幸福感に浸っていました。

 

出産予定日を過ぎても中々生まれてくる気配がなかったのですが、41週と1日目に破水し、その日に入院となりました。

次の日、41週と2日目に陣痛促進剤をして、陣痛を促してる時に赤ちゃんの心拍が下がり、緊急の帝王切開をすることになりました。本当なら立会い出産の予定でしたが、帝王切開なので立会い出産はできませんでした。それはとても悲しかったです。

でも赤ちゃんの命が一番大切で、何より優先にするのは赤ちゃんなので、帝王切開になったのは仕方がないと思って受け止めています。

帝王切開では腰椎の部分麻酔が結構痛かったです。そして両手を縛られ、人工呼吸器を付けられ、出産中は先生方の世間話を聞いていました。今思うと、私をリラックスさせるために世間話していたんだと思いますが、その時は何で手術中に世間話なんてしているんだろう?なんか嫌だなって思っていました。

そして赤ちゃん生まれた時は、産声が聞こえてきて助かったんだなって無事生まれてきてくれたって思い凄く嬉しかったことを今でも覚えています。

 

出産後は少しだけ胸に赤ちゃんをおいてくれましたが、両手を縛られていたり普段眼鏡をしているため眼鏡がない状態で見るとピントが合わず、ちゃんと見れないまま旦那の方へ連れて行かれちゃいました。それは少し残念でした。

部屋に戻ってからは麻酔が効きすぎてたみたいで吐き気があってずっと気持ち悪かったです。そのため、自分で赤ちゃんに母乳をあげるのも大変なので、スタッフさんに母乳をしぼってもらって飲ませてもらっていました。

その日の夜がピークで痛く、寝れなくてただただ痛みに耐えていました。次の日には歩かされて自分で母乳をあげたりオムツをかえたりなどバタバタだった記憶があります。

全てが初めてでお母さん0歳からのスタート。慣れない中毎日ひたすら頑張っていました。それでも赤ちゃんをすぐ側でずっと見てられて毎日幸せでした。

 

赤ちゃんを産むってこと育てるってことは大変なことです。しかし、それ以上に楽しくて嬉しくて幸せを感じさせてくれるから全然苦になりません。赤ちゃんに出会えたことで私は毎日幸せな生活が送れています。

出産費用ですが、休日入院、出産、陣痛促進剤、帝王切開なので42万超えてしまい、自払で20万程支払っています。あとで高額医療費の申請をしていくらか戻ってきましたけど、支払いは結構高かったです。

著者:tomocha

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。