妊娠・出産・育児の情報サイト


おしるし、前駆陣痛、股関節の痛み…長かった前兆と新型コロナ禍のスピード出産!

f:id:xybaby_ope_04:20200603215100j:plain

f:id:xybaby_ope_04:20200603214012p:plain
36週の健診で、子宮口3cmあいているから、1週間は安静にと言われました。37週の午前の健診で、子宮口4cm、赤ちゃんはおりてきていないけど、誘発すれば午後2時か3時には産まれている感じと言われました。38週の健診で、子宮口5cm、でもまだ赤ちゃんはおりてきていないねと言われました。

この頃から、おしるし、前駆陣痛、お股チクチクはありました。ちょっと期待しつつも、39週の健診で、子宮口5cmのまま、まだ赤ちゃんはおりてきていないとのことでした。でも痛くなってきたらすぐに来てねと言われました。出産予定日の4日前ぐらいから、腰が生理痛のようにだる重く、張りもちょっとずつきつくなってきていたけど、時間はバラバラでした。2日間続き、出産予定日の2日前の夕方から張りがさらにちょっとずつきつくなってきているような感じでした。時間間隔をみると10分間隔なっている?って感じでした。でもまだまだ耐えれる痛みでした。もし、このまま病院行くことになったらと思い、お義母さんが来てくれていましたが、食器洗いやお風呂や色々と家の事を早目に済ませました。

もうちょっとかかるかなと思い、4歳と2歳の子を寝かしつけをしようと寝ようとしていたところ、パンッと音がなり、なんか骨が折れた??って感じでしたが、すぐに破水してしまいました。そこから陣痛の痛みが始まりすぐに病院に向かいました。まだ外は寒く、体も震えと痛みでどうなるんだと思いながら、主人に送ってもらい、病院に到着しました。陣痛室に行かず、すぐに着替えて分娩台に上がり、もう子宮口全開で赤ちゃん見えているとのことでした。次の痛みでいきんでと言われ、パニックになりそうでしたが、いきみを何回か繰り返し、無事に出産となりました。最後のいきみも力が抜けたので、縫わなくてよかったです。

上の子2人とは違う病院での出産でしたし、コロナの影響で立ち合いも不可だったので不安がありましたが、先生の掛け声が良くて、ちゃんと聞く事ができ、うまくいきむ事ができました。後で聞くと17分での出産だったようで、車で5分もかからない病院、先生に近くなかったら間に合わなかったから、近くてよかったねと言われました。あっと言う間の出産でよくわかりませんでした。でも、抱っこした時は嬉しかったです。

助産師さんは、私も2人目が9分での出産だったのよ〜って言ってて、ビックリでした。1人目は、前日の夜から朝まで下痢が続き、何かあったらと思い、朝、病院で診てもらうと、微弱陣痛ありで、促進剤での出産でした。2人目は、陣痛がきてからの出産でした。3人目は、腰のだる重さが前兆なのかわからないですが、おしるしとか色々な症状があり、陣痛、破水からの出産でした。本当に何があるかわからない出産だと思いました。2人目で本当の陣痛を味わったので、今回も陣痛はこんなもんじゃないと思っていたら、破水してしまったので、時間間隔で行けば良かったなと思いました。

今回の出産では当初、面会は夫と上の子は可能という話だったのがコロナウイルスの影響で面会もいっさいできないという説明を受けていたので、しばらく上の子供達に会えなくなるから、せめて子供達が起きている間に行ってきますが言いたいと思っていました。子どもたちが寝付く前、家を出るときに笑顔で見送ってくれたこと、立ち会いはできなかったものの、夫が分娩室の外で、赤ちゃんを抱っこさせてもらえたことはよかったです。 

今はまだお産入院中で上の子たちは夫とお義母さんに任せて、ゆっくり過ごしています。面会ができないので、子供と部屋で2人きりでちょっとストレス溜まっているのか、3人目は母乳がうまくでず、吸わせた後、ミルクをあげています。子供だけに向き合える良さもある反面、やはり誰にも会えないのは、寂しくもありますが、子供の吸い付きはよく、怒らずに吸ってくれているので、完全母乳目指して、頑張ります! 

著者:るみー

年齢:36歳

男の子3人のママになりました。 

※プロフィール情報は掲載時点の情報です。