妊娠・出産・育児の情報サイト


3分間隔の陣痛を耐えること一晩。子宮口はまさかのまだ1センチ!な、なんで? まきこんぶ

みなさんこんにちわ!
3歳と0歳の母であるまきこんぶです!

上の子こはさんの出産を振り返っております。

 

下痢との勘違いから始まった陣痛。
無事病院へ到着→入院となりました。

 

しかし気になる点が…

f:id:xybaby_ope_01:20200422111503j:plain

陣痛の間隔が短い!?!?

 

下痢と勘違いした頃から思っていましたが、
陣痛が始まった当初からずっと【3分間隔】だったのです。

疑問を抱えながら短い間隔を一晩耐えた陣痛だったので、それなりに子宮口が開いていると期待!

入院後さっそく子宮口の開き具合を診てもらうと…

f:id:xybaby_ope_01:20200422111530j:plain

まさかの1センチーー!!!
(子宮口全開は10センチです)

なんなら前駆陣痛かもしれないと言われ、撃沈!!!
破水していたので帰宅にはなりませんでしたが、こんなに間隔短いのに1センチって…泣

 

絶望の中、助産師さんに間隔の謎を聞いてみました。

f:id:xybaby_ope_01:20200422111628j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200422111639j:plain

マジかーー!!!

しかし納得…
この短い間隔で、どんどん痛みが強くなると思ったら体力保たないですよね…。

しかもすでに割と痛いと感じていたのに子宮口1センチという現実。
耐えられるかわからないぞ!

 

なけなしの作戦!

f:id:xybaby_ope_01:20200422111701j:plain

初産である事や、進み具合からしてかなり長期戦になると睨んだ私は【体力温存=横になる】と考えました!

お産を進める為にスクワットしたり歩いたりする方もおられますが、
力尽きては困るので一切やめました。笑
(そもそも痛いので活発に動けなかったのもありますが…)

実際、ここから産むまでほぼ横になって陣痛を耐え抜く事になったのでした!

 

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20200129131608j:plain

著者:まきこんぶ
年齢:29歳
子どもの年齢:2歳、0歳

2017年3月爆誕の娘・こはさんと、2019年12月爆誕の息子・あん太くん、ナルシストの夫・オタッキー、そしてヒステリックなワーママ・まきこんぶの4人家族です。育児や日常の何気ない話をInstagramに投稿しています。時間、精神、お金…全てギリギリな毎日ですが、なんだかんだ1番の癒しは家族と過ごす時間です。

インスタグラム:@makikonbu33333333333

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。