妊娠・出産・育児の情報サイト


つわり中、空腹の不快感が嫌で常に「腹7分目」状態をキープ。米を食べ続けた結果… by 白目みさえ

異常な眠気では妊娠と気づかなかった私は、
生理が遅れて検査薬で気づくというよくある経過をたどりました。

 

自称「嘔吐恐怖」の私は、高校生のころから一度も吐いていません。
車にも酔うタイプなのですが、「酔う」より数段階手前の「酔いそう」になった時点で車を降りるという徹底っぷり。

酔い止めも必須で、乗ったらとにかく眠ります。
ドライブデートなんて誘われた日には、前日から青い顔をしています。
幸いお酒にも強く(今は飲めませんが…)酔って吐くということもありませんでした。

 

そんな私が妊娠で恐れていたのは「悪阻」。
自分はどんなタイプの「悪阻」なんだろう。
急に吐いたりするんだろうか…とかなり不安でした。

私の悪阻がはじまったのは多くの方がピークを迎えると言われている8週目を迎えたころ。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105826j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200604105836j:plain

なぜか1日のうち
「まったく気持ち悪くない時間」と
「車酔い真っ最中のような時間」が交互に訪れるようになりました。

睡眠時間をずらしてみたり、運転の時間を変えてみたりしていたのですが、しばらくしてある法則を発見しました。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105904j:plain

空腹を0、満腹を10だとしたら。
2~8までの間は大丈夫の法則!

食べると気持ち悪かったのですが、食べずにいるとそれはそれで気持ち悪い…。
でも満腹と空腹の間にいれば、なんとか大丈夫だということに気づいたのです。

ただこの調整がなかなか難しく…。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105927j:plain

空腹を防ぐことはできるのですが、満腹にならない程度の「8分目」を見極めるのが難しい!!

食べている途中にはわからないのです。
自分ではお腹いっぱい食べてはいないつもりでも「8」のラインを超えていたり…
セーブしすぎて「4」くらいで止めてしまうと、すぐに「空腹」になってしまう…。

それを防ぐために、小まめに少しずつ食べるように気をつけていました。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105954j:plain

私はなんとかご飯を食べられたので
携帯用は「塩おにぎり」を数個、
家に帰ればご飯にポン酢をかけて食べていました。

え?って思いますよね。私も思います。
でもこれが…さっぱりしていて美味しいんです!
餃子のたれをワンバウンドさせて食べるご飯の味というか…。
ポン酢の酸味でさらっとご飯が食べられちゃうんです。
ご飯が大丈夫な方は是非試してみてください。

一応「フルーツジュース」は飲めたので、「野菜」と言い聞かせて飲んでいました。(ちがう)

悪阻の時期は「食べられるものを食べなさい」って言うじゃないですか。
私は「食べられるもの」を一生懸命食べていました。

 

ところが…

f:id:xybaby_ope_01:20200604110025j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200604110033j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200604110044j:plain

私の場合「空腹」の不快感がすごくて。
吐くものないのに気持ち悪い。
だからつねに「7」くらいの状態をキープしようとするので、食べ続けるしかないんですよね。
いつも塩おにぎりを食べていたので、山〇清みたいになってました。
「おにぎりが食べたいんだな」

 

でもそんな生活を2か月も続ければ…当然太りますよね。
主治医には「赤ちゃんまだこんっっっっなんやで!!」と言われ。
遠回しに「それはあなたの脂肪です」と言われ。(ほぼ言われとるがな)
「食べ過ぎ注意」の烙印を押されてしまいました。

 

それからは… 

f:id:xybaby_ope_01:20200604110104j:plain

幸い安定期に入って食べられるものは増えまして…。
本当はもっとクッキーも食べたいのですが。
本当はもっと魚肉ソーセージも食べたいのですが。

「食べすぎ」にならないように。
「空腹」にもならないように。

「7」ではなく「4」くらいをキープできるようにと。
小さなものを小まめに食べる生活を続けました。

 

f:id:xybaby_ope_01:20200604110122j:plain

その甲斐あってかそこから体重はほとんど増えず。
赤ちゃんはどんどん成長してくれたので、私は出産間際には適正範囲内の体重。

 

いくら「つわりのときは食べられるものを食べればいい」といっても、やはり「無制限に」食べてはダメですね…。

もし私と同じようなタイプの「食べづわり」の方がいらっしゃれば、あとから私が習得した「小まめ食い」を試してみては?

 

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20200401115949j:plain
著者:白目みさえ
年齢:30代
子どもの年齢:6歳、4歳

心理師として精神科に勤務するとしごの母。生粋のオタクです。基本的に白目をむいて育児をしており、その様子をカルタにしたものを増産しています。ライター、イラストレーターとしても活動中。

インスタグラム:@misae_mon
NAPBIZ公式ブロガー:「日々白目むいてます」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。