妊娠・出産・育児の情報サイト


生きてる…よかったぁ…。保育器のなかの我が子に初対面してこみあげてきた想い by ふゆだこん子

娘を生んですぐはまだ麻酔が効いていて足の感覚もないほどでしたが、少し眠ることができました。

 

が、、、しかし、、、
産後の体のことをあまり分かっていなかった私は、後陣痛という言葉自体この時初めて知るのです。

陣痛よりも痛い!え、嘘でしょ、、、
出産した後にも陣痛があるの!?ヒイイイイ!!!!

 

 

冷や汗が止まらず看護師さんを呼ぶと、
「痛み止めを入れられるのは、あと1時間後だから頑張ろうねー!」と一言、、、

そして何より痛かったのが、看護師さんに1時間おきにお腹を押されること!

悪露が出るようにお腹を押すのですが、もうそれはそれは逃げたくなるほどの痛み!
一度その痛みを知ってしまうと、看護師さんが来るたびに恐怖が襲います。

f:id:xybaby_ope_01:20200629094513j:plain

すると看護師さんが
「ごめんね、分かるよ分かる!私4人帝王切開で出産してるから痛いよね、ごめんねー」
こ、この痛みを4回も!? 頑張るっきゃない!!!
でも痛み止めが気休めに感じるほど本当にキツかったです、、、( ; ; )

f:id:xybaby_ope_01:20200629094534j:plain

そしてそんな痛みに耐えていると、助産師さんが
「ふゆださん、赤ちゃんに会いに行きましょうか」

嬉しいー!!!!
なんというご褒美!
え、、、でもこの状態でどうやって(TT)

 

リクライニングベッドの力を最大限に利用して、腹筋ゼロ・痛みマックスの私が出せる全ての力を使って車椅子に乗りました。

ワクワクドキドキ、、、

娘のいるNICUに向かいます。

f:id:xybaby_ope_01:20200629094603j:plain

中に入ると保育器や機械がたくさん並んでいて機械音が鳴り響いていました。
胸の鼓動が速まり、会える嬉しさよりも心配や不安が一気に押し寄せました

「あっ、あそこにいますよー」

近づいて保育器をのぞくと、とってもとっても小さな赤ちゃんがたくさんの管に繋がれていました。

息を飲んでいると
「いいこ、いいこしてあげましょうか」
と助産師さんが私の手を保育器の中へ入れるよう促してくれました。

f:id:xybaby_ope_01:20200629094635j:plain

あったかい、、、
小さな小さな手が私の指を強く握りました。

生きてる、、、頑張って生きてる
よかった   
よかったぁ、、、

涙が止まらず「よかった」の言葉しか出ませんでした。

助産師さんが背中をさすりながら、
「NICUで一番大きな泣き声で泣くくらい元気があるそうよ。すごいね、頑張ってるね」
と教えてくださいました。

 

24時間いつでも赤ちゃんに会いに行っても良いということを聞き、翌日から歩行練習に励みました。

f:id:xybaby_ope_01:20200629094707j:plain

授乳室までゆっくり歩いて行き、搾乳したものをNICUにいる赤ちゃんまで届けることをできるだけ3時間おきに行いました。

その間、歩いていると看護師さんや助産師さんが
「頑張ってー!」
「少し早くなってきたね!」
などと励ましてくれました。

授乳室には親子で授乳している方がほとんどで、初めはなかなか出ない母乳に悩み、1人で搾乳している自分になんだか涙が出そうになることもありました。

そんな時必ず助産師さんが私の隣に座って話し相手になってくれました。

f:id:xybaby_ope_01:20200629094739j:plain

赤ちゃんの容態が落ち着いてきた頃、初めて抱っこする日が!
呼吸器を少しの間外し、初めて顔を見ることもできました。

愛情が爆発して胸がいっぱいになり言葉になりません、、、
こんな感情初めて、、、
これを「愛しい」っていうんだ、、、

お母さんになったんだ。私、この子のお母さんなんだ。
命にかえても守ります。大切に大切に育てます。
こんなことを思いながら初めての抱っこを経験しました。

この時感じた感情は一生忘れない

娘が大人になっても思い出すんだろうな

 

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20190924151931j:plain


著者:ふゆだこん子
年齢:30代
子どもの年齢:1歳

ふゆだつらら(1歳)女の子のお母さんです。人見知りで自己主張薄めの娘との毎日!
家族の中では自己主張強めなつららに奮闘中。日々、楽しいことを見つけながら過ごしています。

Instagram:@fuyuda__conco

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。