妊娠・出産・育児の情報サイト


可愛い服には罠がある。ビッグベビーの服選び、まずはアレをチェック! by わさび

娘は予定帝王切開だったのですが、術前のエコーでは2700グラムの予想でした。

先生も「2500グラムは十分ありそうだし、手術しても大丈夫そうだね〜」と言ってニコニコで手術に臨んでくれました。

しかし…

f:id:xybaby_ope_01:20200709101020j:plain

予想よりもはるかにデカい赤ちゃんが誕生!!

 

娘がお腹から出た瞬間、感動のシーンを想像していた私。「おめでとうございます!元気な女の子ですよ!」と言われることを期待していたのですが、そのセリフの前に先生が「デカいな…」とボソリ。その言葉は今でも忘れられません。(笑)

f:id:xybaby_ope_01:20200709101046j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200709101056j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200709101106j:plain

しかし、可愛い服には罠がありました。

f:id:xybaby_ope_01:20200709101122j:plain
なんと、太ももでギブアップ。
無理やり履けたとしても腰まわりがキツく、肉がくい込んでしまいます。

 

今どきの子どもって細めな子が多いのか、服もけっこうスリムに作られてるんですね…。セパレートの服にしたのは生後半年くらいからだったんですが、この頃ですでに90サイズがピッタリ。パンツは90サイズでもパツパツのものもけっこうありました。(ちなみに2人目の息子は1歳になってもいまだに80サイズを着ています。←標準体型)

でもサイズを大きくすると、当然丈が長くなってしまうんですね。
身長は70センチくらいだったので、本当なら70~80サイズの服でピッタリのはず。90サイズ以上しか入らなかった娘は、パンツの裾を3つくらい折り返して履いたりしていました。

でも折り返して履くのも危ないし面倒。
そんな私が服を探すときにしたことは…

f:id:xybaby_ope_01:20200709101152j:plain

腰のゴムがゆるいかチェック!!

あらゆるパンツのゴムをみょーんって伸ばしては、伸び具合とゴムのゆるさ、ゴムが細くないかなどをジャッジしてました(笑)。(←商品は伸ばしすぎないように控えめにしましょう。)

f:id:xybaby_ope_01:20200709101208j:plain

腰の部分だけでなく、足首付近の伸縮性も重要でした!

足首付近が伸びないと全然履かせられないのです。レギンスなどは特に細めに作られてるので、伸びないやつは絶対買いませんでした。

トップスは基本大きめを買えば大丈夫でしたが、今どきの可愛いシャツワンピなどの伸びない素材のものは、着せるときにワキで引っかかってしまってキツい場合があるのでオススメしません。

 

あらゆる人に「今後動き出すようになるとシュッと締まってくるよ」と言われましたが、重すぎて寝返りするのが遅く、生後10ヶ月で初寝返り。
それからはハイハイなどで動くようになり、少しシュッとなってきた1歳頃、BIGサイズのオムツは一度Lサイズに戻すことができました!

 

しかし、その後娘が喋れるようになると…

f:id:xybaby_ope_01:20200709101242j:plain

「パン」と言えるようになってから、鳴り止まないパンコール。

f:id:xybaby_ope_01:20200709101255j:plain

…まあ、食欲旺盛の子はシュッとはしませんでした。

 

娘はそれからもスクスク成長し、赤ちゃんの頃よりは背も伸びてシュッとしましたが、2歳8ヶ月になった今では100サイズでギリギリ。基本的に110サイズの服を着ています。

お店の店員さんに110サイズというと、「4歳くらいのサイズですが大丈夫ですか?」と聞かれたりします。(笑)サイズアウトもものすごく早いので、下の子が着れるような服を選ぶようにしています…。

f:id:xybaby_ope_01:20200709101316j:plain

 

  

f:id:xybaby_ope_01:20200706114445j:plain
著者:わさび
年齢:29歳
子どもの年齢:娘2歳、息子1歳

食いしん坊で気が強い娘と、甘えん坊で仔犬みたいな息子の1歳半差姉弟を育てています。イヤイヤ期&好奇心旺盛で目が離せない子どもたちの、ほのぼのとした平和な日常を描いています。

インスタグラム:@wasabi_2910
ブログ:いとちゃんとうりくん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。