妊娠・出産・育児の情報サイト


分娩直前、トイレで踏ん張っている時にドアがバーン!「いきむ練習しちゃお!」って!? by あひる

前日の早朝に入院して、丸一日以上たった朝の9時頃に
(産まれるまで)「あと半日はかかるなぁ」と言われたわたし。

恐怖の内診グリグリを受け、痛みが激しくなった中
「たくさん歩いてね。歩いた方が進むからね。」と先生に言われました。

 

 

早く産みたい一心で、痛みと痛みの間に一生懸命歩きました。

でもどんどんひどくなる痛みと、短くなる間隔にヒィヒィ。
ちょっと歩いては、すぐに廊下にある椅子に手をついて四つん這いのようなポーズに。
もう立っていられない…座るのすら無理でした。

f:id:xybaby_ope_01:20200709092552j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200709092604j:plain

他の妊婦さんのご家族が廊下にいたのですが、
もう人の目を気にする余裕もありません。

 

そんなこんなで頑張って歩いていると、ようやく先生から分娩OKが出ました。

これで助かった…死ぬかと思った…と思っていると、
先生による強制破水で痛みがさらにヒートアップ!

早くどうにかしてー!!と思いつつ
助産師さんに「トイレしておく?」と言われて冷静に「はい。」と答えるわたし。

まだ、出産中に出ちゃったら恥ずかしいという恥じらいもありました。

f:id:xybaby_ope_01:20200709092627j:plain

が!

が!

f:id:xybaby_ope_01:20200709092639j:plain

助産師さん、踏ん張ってる途中にトイレのドアをバーンっ!

「力の入れ方、分かってないでしょ。ついでに練習しちゃお!」

この歳になってトイレで踏ん張る姿を応援されるなんて…
でも、痛すぎて「もうどうにでもして…」という気持ち。

 

トイレでの恥ずかしい練習も終わり、ようやく分娩室に入りました。

わたしはいきむ時に身体を捻ってしまい、
注意されてもどうしても動いてしまうので、身体を押さえられました。

押さえてもらってから数回いきむと「頭、少し見えたよ!あと3回がんばろう!」の声。

少しコツを掴み、先生の指示に合わせていきむと、
娘が旋回しているのが感じられました。

 

そして突然の開放感!
オギャーと泣く真っ赤(紫?)な娘を先生が見せてくれました。

f:id:xybaby_ope_01:20200709092735j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200709092745j:plain

そのあと、娘はすぐに隣の台に乗せられたので、
ゆっくり産まれた我が子を見ようと思ったのですが、
娘にテンションのあがった夫が台の前で写真を何枚も撮っていて、
嬉しそうな夫の背中しか見えませんでした(笑)

 

ぼんやりその様子を見ていると、
先生に「せっかくだから胎盤見てみる?」と言われ、
我が子ではなく、胎盤をしみじみと見ることになりました。

 

 今でも、「夫が邪魔で娘が見えなかったわ」というのは笑い話です。
「あ!ママの携帯でも撮っておいてあげるね!」って言っていたけど、
写真データ送ればいいだけだよ…という気力すらなかった出産直後でした。

 

f:id:xybaby_ope_01:20200324103343j:plain
著者:あひる
年齢:アラサー
子どもの年齢:4歳と2歳

お喋りな姉妹に振り回されているお母さん。心配性で育児中もすぐに不安になるタイプです。おおらかでドーンとしているお母さんに憧れながら日々邁進中。

インスタグラム:@ahiru_guutara
ブログ:ぐーたら育児生活

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。