妊娠・出産・育児の情報サイト


こんちくしょおおお!!! 陣痛中のスパルタなアドバイスにワナワナしたけれど… by はなわめぐみ

こんにちは、はなわめぐみです!
第一子出産レポつづきです。

 

 

陣痛がうまくつかなかったため、微弱陣痛で促進剤を使うことになった前回

前回のイラストでは省略してしまいましたが、私はGBS陽性なので入院決定した時から点滴で抗生剤を投与していたため、そこに促進剤をプラスする形になりました。

 

そして、促進剤を使っている間はずっとモニターで赤ちゃんの心拍と陣痛の波を計測します。

f:id:xybaby_ope_01:20200930130437p:plain

助産師さんに「たくさんついてるねー」と言われるくらい管だらけに。

ここからが本当の戦いでした…

f:id:xybaby_ope_01:20200930130456p:plain

f:id:xybaby_ope_01:20200930130508p:plain

 

心配したのが嘘のように、投与し始めてすぐ痛みの質が急に変わった…!

 

赤ちゃんを産むことをよく「鼻からスイカを出す」と例えますが、私が感じた陣痛の痛みはどんなものだったかというと

f:id:xybaby_ope_01:20200930130527p:plain

すごくわかりにくいんですが、こんなイメージでした。

下痢の1万倍くらい痛かったです。
促進剤を使用すると通常より痛いと聞きますが、実際どうなんでしょう…?

あまりの痛さに手と体を震わせながら唸っていると

f:id:xybaby_ope_01:20200930130549p:plain

ええええええええそんなスパルタな

そう言われたら、声出したら自分で痛いのを選んだことになっちゃうじゃん!!

f:id:xybaby_ope_01:20200930130609p:plain

言われた通りに声を出さずフーと呼吸を意識すると、なるほど確かにこの方が楽でした。

さすが助産師さん…こんちくしょうとか思ってすみませんでした。

今でも忘れない助産師さんの一言でした。

 

つづく

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20190513055447p:plain

著者:はなわめぐみ
年齢:30代
子どもの年齢:4歳、0歳

4歳の娘かっちゃん、0歳の息子まーくん 2人の育児に奮闘中。かわいい子どもたちに振り回されながら、毎日ドタバタ暮らしています。
instagram:@mgmhnw

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。