妊娠・出産・育児の情報サイト


思い通りに動いてくれない時に”反対言葉ゲーム”が使える!! by まいこ

こんにちは!2才差姉弟を育てております、まいこと申します^^

子どもを育てていると母としてのお仕事ってたくさんありますよね。
家事も含めて1日中動き回っている気がします^^;

 

 

だからこそ家族(特に子どもたち)には協力的でいて欲しい!

「ご飯だよ~」と呼んだらすぐきて欲しいし、、、

お風呂も早く入って欲しい、、、

すぐ着替えて欲しい、、、

f:id:xybaby_ope_07:20201119111504p:plain

そうなんだよなぁ~。

母のタイミングに子どもたちが合わせてくれないことの方が多い!

 

こういう時、母もイライラしちゃうし

怒って無理に動かそうとすると子どももイライラしてきてうまくいかない。

 

こんな時って、『楽しい気持ち』にさせることが大事な気がして、

子どもたちもたまに遊んでる

『反対言葉ゲーム』

(思ってることと反対のことをわざと言う)

を楽しくやってみました!^^

 

f:id:xybaby_ope_07:20201119111533p:plain


ストレートに言っても来ないんだけど、

あまのじゃくな子どもたちはこの方が聞きやすいみたい^^笑

 

上の子はもう「やらないも~ん」とか返してくることも多いのですが

私の目的はこうしてゲーム化することで

母である私がちょっと家事と育児に抜け感が出るのです。

 

誰だって眉間にしわ寄せて「お風呂来て!!!」って言われるよりも

笑って言われた方が

「そうしよう!」と思いますよね。

 

できるだけ私(母親)が笑っていられるために

今日も色々と工夫してみようと思います!^^

f:id:akasuguedi:20170220095723p:plain

著者:まいこ
年齢:30代
子どもの年齢:4歳と2歳

美容師として働くママです。インスタグラム(@uchinokoto.y)などで育児漫画など書きながら、何事も笑いに変換して楽しもう〜と日々励んでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。