妊娠・出産・育児の情報サイト


育児の悩みを打ち明けたら、先輩ママ友に否定されてイラッ。でも振り返ってみると… by つぶみ

こんにちは!つぶみです。

私は普段、あまり対立を起こしたくない平和主義タイプ(だと思っている)なのですが、子供を産み、最近育児を始めてから、自分の見たくない部分が出てくることが多くなり困惑しています。

今回はそんな『ブラックつぶみ』について描いております。

 

 

前回は「子供の個性について」、
今回のテーマは「大人だって考え方は人ぞれぞれ」です。

f:id:xybaby_ope_01:20201123195057j:plain
ほにゅがまだ0歳で、思い通りにならない日々が続いたある日、私はママ友さんと会う機会があり、ついつい日々のイライラをぶちまけたりしました。

うんうん、と聞いてくれる二児の子持ちのママ友さん。
0歳児に怒鳴りそうになってしまうこともあった私。

そんな言葉を聞いたママ友さんは、
「そんなの序の口なのに!今からそんなことでイライラしてたらやばいよ〜、これからの方がもっと大変だから」と言いました。

私はその言葉を聞いてイラッ…としてしまいました。

 

あなたの悩みと私の悩みは違うのになぜ否定するの?
その家庭ならではの大変さ、子供の個性、育児初めての大変さ、それぞれあるのに…。自分が一番大変かのように言わないで!」

気が弱い私は口に出しては言えませんでしたが。笑

 

f:id:xybaby_ope_01:20201029100508j:plain

ほにゅが2歳になり、下の子が産まれ、ママ友さんとお話しした時よりも確実に「大変だ」と思うことが増えた今日この頃です。

 

きっと、ママ友さんも日々苦労し、乗り越えてきたことがたくさんあったのだろうな。
あの時私はイライラしてしまいましたが、彼女のあの言葉を否定した自分も間違っていたなと感じます。

子供にも個性があるように、大人だってそれぞれ感じ方が違い悩みも違う。
本当に人それぞれだから、私は他人を否定するような言葉は使わないでいたいと思いました。

これから先の育児で、どんな試練が私を待っているのか。
ちょっとワクワクです。

 

 

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20191114114823j:plain
著者:つぶみ
年齢:30代
子どもの年齢:2歳、0歳

自己表現が激しい第一子、ほにゅ(H30.02.♂)、泣き声が優しい第二子、ねむ(R2.07.♀)の母。パンとお菓子と歌うことが大好き。日記がわりに育児漫画を始めた。2人育児に泣かされながらも奮闘中!

インスタグラム:@tbys141122

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。