妊娠・出産・育児の情報サイト


どんぐり拾いが大好きな息子が大喜びした工作。100円ショップが大活躍! byユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。
秋になると多くの子供が本能に突き動かされるように集め始めるもの。どんぐり。 

 

 

f:id:xybaby_ope_02:20201127114923p:plain

息子も歩き始めると同時に、道に落ちているどんぐりを拾い集めるようになりました。人の子は何故こんなにもどんぐりに惹かれるのでしょうか……。
今回は、かつて息子が大喜びしたどんぐり工作についてご紹介したいと思います!


どんぐりの中には…

その前に、大変重要なことなので拾ってきたどんぐりの処理について……。
息子が1~2歳の頃は集めたどんぐりを大雑把にベランダに放置していたのですが、あるとき図鑑を開いて保存方法を調べてみると、

f:id:xybaby_ope_02:20201127115048p:plain

f:id:xybaby_ope_02:20201127115101p:plain

中から虫が出てくる危険があるとのことで……。息子が大ハマりするまでどんぐりに対する知識がほぼなかったので、そんな罠が仕掛けられているとは知りませんでした……。
子育て界ではもはや常識かもしれませんが、これを防ぐためには一旦冷凍したり煮沸したりして、中の虫を滅するといいそうです。

でもなんとなく冷凍庫に入れるには抵抗があるし(というか冷凍庫パンパンすぎてどんぐりが入る余地がなかった)、料理に使う鍋で煮るのもちょっと嫌だったので、うちは100円ショップでどんぐり用の鍋を購入しました。
(余談ですが近所の100均では鍋の取り扱いがなかったので、電車で数駅先のお店まで買いに行きました。鍋は100円だか200円だかで買えましたが往復の交通費が数百円かかったという……)

f:id:xybaby_ope_02:20201127115122p:plain

 
特に喜んだ2つの工作は…

とにかくそうして虫を滅したどんぐりを使って工作をします。例えば一つ一つ絵の具やペンで顔を描いたり、穴を開けて紐を通したり、太めの枝などにボンドでくっつけてオリジナルどんぐりの木を作ったり。それだけでも結構盛り上がるのですが、これまでで特に息子が喜んだのは下記2つでした。

f:id:xybaby_ope_02:20201127115144p:plain

1)スプレーで塗装してキラキラに
100円ショップで購入したゴールドやシルバーなどの塗装スプレーでキラキラどんぐりに。
これには息子もうっとり、やたら光るものが好きな私(カラスか?)も興奮でした。
センスのある方ならこれを使って何やら素敵なものが作れそうな気がします。私は特に何も思いつかなかったので愛でるだけでした。でも満足です。
(※塗装スプレーは使用上の注意をよく読んでから使ってくださいね!) 

2)どんぐりリース作り
毎年クリスマスが近くなる頃にはどんぐりの在庫が溢れかえって手がつけられなくなるので、どんぐりリースを作っています。
またしても100円ショップで買ったリースの土台に、グルーガンやボンドなどでどんぐりをつけていくだけの簡単な作業です。難易度低い割に可愛いものが出来上がるのでおすすめです! もちろん上記の塗装どんぐりを使うとキラキラでより綺麗に!



どんぐりライフに欠かせないのは…

息子は今年5歳ですが相変わらずどんぐりには目がなく、見渡す限りにどんぐりがびっしり落ちている近所の道で、「これぜんぶ拾うまでかえらない」と宣言したりしています。全日本早く家に帰りたい協会に属している私は白目を剥きましたが、子供が夢中で拾い集めている姿はとても微笑ましいですよね。

f:id:xybaby_ope_02:20201127115210p:plain

今も部屋にどんぐりリースを飾っており、見る度にどんぐりと息子の思い出が蘇り心が和みます。子育てをする前は自分がこんなにもどんぐりに癒される人間だとは思っていませんでした。
そしてもう一つ痛感するのは、100円ショップには足を向けて寝られないということ。
今年も色々工夫しながら楽しいどんぐりライフを送りたいと思います。100円ショップと共に……。

 

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20160913055405p:plain

著者:ユーラシア
年齢:30代
子どもの年齢:5歳

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。