妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃん大きめと言われ…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目同様、つわりもムカムカ程度で軽かった妊娠初期。安定期に入り食欲が止まらず食べたいものを好きなように食べていました。一人目の時も仕事していたからか、特にそれが原因で体重激増したわけではありません。

 

ところが、26wの健診で「赤ちゃん大きめですね」と先生に言われてしまいました。一人目の時は標準よりも小さかったため予想外の一言。私たちも大きくないし思い当たるのは、今度は性別が男で多分私の食べ過ぎってことくらいでした。

その後も健診で2回連続「大きめですね」と指摘され、「大きめなんで念のため糖の検査しましょうか」とまさかの一言。尿糖+は出たことあったものの2回連続でたら糖負荷検査と聞いていたので、それだけは注意していたのに…。予想外のパターンで負荷検査をすることになりました。

 

次の健診が2週間後だったためそれまでは健康的な食生活を心がけ、ドキドキの検査当日。採血を行いソーダを飲み合間に健診(この時は目立って大きめじゃなかった)。その後2回採血。

見事負荷検査は陰性!!看護師さんからもよかったですねー♪と言われルンルンの私。

 

その後の健診で朝食後だったからまた尿糖+でたけど、一度検査パスしてるからもう2回連続で出ても負荷検査しなくて大丈夫とのことでした。

 

意地でも検査をクリアしたかったのは、出産後の食事のためです。全国的に有名な病院で、入院中は豪華な食事が出るものの、妊娠糖尿病になってしまったら食事制限が出てしまいます。それだけは避けたいと必死でした。

今思えばその検査を受けたから食生活を見直すきっかけになり、お腹の子のためにもいい食事を摂るよう意識ができたのかなと思います。

まもなく正期産。今では産休に入ったことをいいことにまた調子乗って連日たべちゃってます(笑)

著者:いち

2歳半女子育児中

2019.6.15男子出産予定

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。