妊娠・出産・育児の情報サイト


夫は仕事、上の子は超絶ママっ子&おっぱい星人…。お産入院中、上の子どうするよ?? byうだひろえ

f:id:akasuguedi:20160622223221p:plain

第2子妊娠が発覚してから、ずっと気がかりで、解決しなかった問題。

それは、「出産~入院中、上の子をどうするか」でした。

 

上の子、息子は2歳になったばかり。

ものすごいママっ子で、おっぱい星人。(妊娠中もドクターに相談しつつ授乳してました)

寝付いたと思って離れると、ママセンサー感知ですぐに起きるような子が、入院中、私と離れて眠れるのかと、心配で仕方なかったです。

 

なので、あまり馴染みのない人に預けるのも、不安で。

夫はこの頃、第2子出産に合わせて、融通の利く仕事に就いた……はずが、「やっぱ時短とかできないみたいなんだよねー」などと言うようになっておりまして。

他に頼れるのは、私の母(地方在住)と義父母(車で20分に在住)ですが、私の母は退院後の産褥期に1週間ほど仕事を休んで助けに来てくれることになっていたので、それ以上仕事を休むのはちょっと、という状態。

義父母も朝早くからフルタイムで仕事をしていて、保育園の送迎を頼めませんでした。

 

「旦那が7時半に出勤しちゃうから、8時半の登園までと、16時半の降園から旦那が帰るまでを、シッターさんやファミサポさんか。ファミサポさん1時間800円で1日4時間として3,200円……5日間で16,000円グハァッ(吐血)、シッターさんだと1時間2千円でゴブファッ(吐血)、てかこれ緊急入院になったら……?あああああ」

もうこれ、妊娠中のホルモンバランス、ガッタガタにさせる案件です。

 

はて、みなさんどうしてるんですかね?

 

同時期に2人目出産予定の友人に聞いてみました。

彼女も両親が頼れず、旦那さんが仕事忙しい人。

産休中で上の子は保育園に通ってはいるものの、産褥期も新生児を連れてお迎えをするつもりだと話していました。(ヒイイイイッ)

 

そんな彼女、入院中は「旦那に丸投げ。『やれ』ってカンジ☆」と断言。

「だって、父子2人きりで過ごすのなんて、きっと一生に一度きりだよ」と。

入院中の数日間だけは、一緒に登園して、早く仕事終えて、お迎えして、一緒に病院行って、ご飯食べて、お風呂入って、寝る。

たしかに……!

 

でも、心配じゃないの?不安じゃない?

と言いかけて、ハッとしました。

 

私は、夫を全く信じてなかったんですよね

仕事の時間を短縮できない、と言われ、「じゃあどうするか」を、夫と一緒に考えることなく、私1人で考えたんです。

それで1人でパニックになってちゃ、世話ないですよね。

 

その後、夫に話してみました。

私の入院中の、上の子問題。

ファミサポさんやシッターさんだとお金かかるし、緊急入院になったら大変。

息子が寂しくないように、一緒に面会にも来て欲しい。いっぱい遊んで、甘やかしてあげてほしい。など。

 

すると、

「わかったよ。仕事、どうにか調整してもらうよ」

と、言ってくれたのです!

ああ、信じて、話して、よかった……!!

 

と思ったのもつかのま。

翌日。

「あれさ、聞いてみたんだけど、やっぱり時短はできないって。だから、休むよ」

「……え!?あ、そう、え?育休ってこと!?」

「いや、普通に休業。無給。笑」

って、笑、じゃねえ!!!!!!

ねえ、何か違う!おもってたんとちがうんですけど!!!

 

……これが、丸投げってやつの、秘めたる可能性か……!?いや、こんなのウチだけか!?

まあでも、これで、「入院中の上の子問題」は、解決……だよね!?

>>>次回のエピソード:全然まだまだ…のつもりだったのに、今すぐ帝王切開手術!?二人目出産は猛スピード進行…

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:4歳と2歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。4歳男児&2歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。