妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛10分間隔「よし!行くか!」顔から上だけ真剣な夫の姿に… byさやかわさやこ

こんにちは、さやかわさやこです。

 

 

 

今回からは三人目の出産エピソードについて書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

一人目は38時間の難産、二人目は産後に卵巣摘出と、なんやかんやあった私の出産ヒストリー。

三人目こそは、とにかくするんと安産でいきたいと祈るような気持ちで過ごしていました。

f:id:xybaby_ope_08:20190430184514j:plain 

途中、切迫早産で自宅安静の時期があったりしたものの、なんとか臨月を迎えました。

臨月にはいると、周囲からの《三人目は早いよコール》がより一層熱くなりました。

f:id:xybaby_ope_08:20190430184531j:plain

周囲の熱いコールに影響されてか、私もなんだか三人目は早い気がしてなりませんでした。

そしてそのコールに応えるように、予定日二週間前あたりから前駆陣痛が始まりました。

 

前駆陣痛、長男のときは感じることがなく、次男のときは前駆陣痛かと思ったら卵巣がねじれた痛みだったので、実質はじめての前駆陣痛

この前駆陣痛がこれまたなかなかの前駆陣痛で、二回出産を経験している私も毎度騙される始末。

f:id:xybaby_ope_08:20190430184549j:plain

時間はいつも夜九時頃。

毎晩「今夜こそ来るわ!」と息巻く私に反して、毎晩冷静な夫。

f:id:xybaby_ope_08:20190430184604j:plain

しかし、周囲の《三人目は早いよコール》と私の高まる気持ちとは裏腹に、予定日を過ぎても陣痛はやってきませんでした。

長男は予定日二日前、次男は予定日一週間前だったので、これまた初の予定日超え。

周囲にも、なんなら助産師さんにも「双子?!」と間違われるくらい大きくなったお腹に、私の気力体力はピークを迎えていました。

f:id:xybaby_ope_08:20190430184618j:plain 

そして予定日から四日経過した日の夜。

この日も夜九時頃からお腹が痛くなり始めました。

しかし、痛みの強さ、子宮口にずーんと来る感じ、これは今までの前駆陣痛とはあきらかに違うとすぐにわかりました。

私は前駆陣痛アピールをことごとく冷静にかわしてきた夫に、今日こそはほんまもんやと真剣な眼差しで伝えました。

夫もこれはいつもとは違うと感じたようで、病院に行く準備をしよう!ということになりました。

 

まずは病院に電話。

このときすでに陣痛は10分間隔でした。

電話をすると「経産婦さんなので、進みが早いと思います!今すぐこちらに向かってください!」と言われました。

 

長男と次男はすでに寝ていたので、近くに住む私の母にこちらに来てもらうことに。

母が到着し、私と夫も病院に行く準備が整い、いざ出発!

「よし!行くか!」といつになく真剣な夫にふと目をやると…

f:id:xybaby_ope_08:20190501180831j:plain

自分が取り乱すまいと冷静さを装っていたであろう夫の動揺がファッションで表現されていることに、私は思わず吹き出してしまったのでありました。

 

次回、とりあえずチグハグファッションを着替え直した夫と共に病院へ。

引き続き、お付き合い頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

f:id:akasuguedi:20180125101857j:plain

著者:さやかわさやこ
年齢:36歳
子どもの年齢:8歳、4歳、2歳

日々、鬼化が進んでいる主婦。インスタグラムにて育児のことや、育児にまったく関係ないことなどを、夜な夜な描いては投稿しています。ブログ『母ときどき鬼』もぼちぼち更新中です。

インスタグラム:@futomomushi
ブログ:母ときどき鬼

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。