妊娠・出産・育児の情報サイト


2~3分間隔の痛みを8時間半耐えたのにお産が進んでない!? 聞いていた陣痛と違ーう! by りんりんまま

こんにちは!りんりんままです。
前回は破水したところまで書きました。

 

破水だと分かった瞬間、「やったー!とうとうきたー!」と嬉しさ爆発。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105016j:plain

私よりパパが慌てていました(笑)

待ちに待った赤ちゃんとの対面がすぐそこに迫っている気がして、とにかく嬉しかったんです。

 

一旦家に戻り、産婦人科へ電話して直行。

陣痛への不安も多少ありましたが、「みんなこれを乗り越えてママになるんだ、痛みには強い(はず)だから大丈夫!」と信じていました。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105034j:plain

診察の結果、まだまだ時間がかかりそうとのことで、記念撮影をしてパパは一旦帰宅。


その数時間後、お腹が強く痛み始めます。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105056j:plain

夜中の1時に痛み初め、1時間後には10分間隔。

これは陣痛だ、、!と思い、まだ始まったばかりだからと必死で耐えるものの、明け方にはあまりの痛みに耐えきれずパパを呼びました。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105114j:plain

陣痛開始から4時間後にはすでに2〜5分間隔。

痛みに耐えつつ、事前に調べていた平均的な陣痛の進み方を思い出して「あれ?もしかしてかなりスピード安産?」と期待していました。

7時間後の朝8時には、すでに2ー3分間隔。
痛みもどんどん強くなります。
しかし、診察してもらった結果はまさかの子宮口1cm!!!

「2ー3分間隔ってもう出産直前の状態じゃないの?」と頭の中で混乱しつつ、耐え続けました。

f:id:xybaby_ope_01:20200604105138j:plain

それから3時間後の午前11時。

間隔が短すぎて、一息つく間もなく、、
陣痛が遠のいた一瞬で、死んだように眠りました。(パパ談)

 

さらに耐えること5時間半。
「痛すぎる、痛すぎるけどその分絶対子宮口は開いてくれてるはず、、、!!!!」という気持ちだけでなんとか耐えた、5時間半。

祈る思いで診察に臨みますが、、

f:id:xybaby_ope_01:20200604105244j:plain

結果はなんと、プラス0.5cm!!?つまり子宮口はまだ1.5cm、、、


こんなに耐えたのに。。
本当に目の前が真っ暗になる感覚でした。

聞いていた陣痛と全然違う、、、、、!!!

次回、さらに予想外のことが起こります。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20200110131431j:plain

著者:りんりんまま
年齢:20代
子どもの年齢:1歳

薄毛ガールりんりんとひょうきんパパをこよなく愛する、田舎の主婦です。平凡な毎日の幸せを忘れないように、思い出して笑えるように。インスタとTwitterにて育児絵日記を残しています。

Instagram:@rin_rin_mama 
Twitter:@rin_rin_mama_T 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。