妊娠・出産・育児の情報サイト

【医師監修】「逆子」が直りません。どうしたらよい? 出産はどうなるの?

お母さんのおなかの中で羊水に浮かんでクルクルと動き回っている赤ちゃんは、妊娠後期になると出産に向けて重い頭を下にした姿勢に位置が定まっていきます。ところが、臨月になっても頭が上のままの姿勢でいる赤ちゃんもいます。もし、逆子で出産を迎えたら、どうすればよいのでしょうか。知りたいことをまとめました。

監修医師

村田雄二先生

大阪大学医学部名誉教授。
ベルランド総合病院 周産期医療研究所 所長・医学教育センター長。産婦人科専門医。米国産婦人科専門医。米国周産期医学専門医。

大阪大学医学部卒業後、南カリフォルニア大学医学部産婦人科准教授、カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科准教授を経て1986年カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科教授に就任。1996年大阪大学医学部産婦人科学教室教授、2002年大阪大学医学部附属病院副院長を経て、2006年同大学名誉教授。日米で産科医療の臨床研究と若手医師の育成に長年携わり、次世代のリーダーとなる人材を多く輩出。2009年より現在の病院にて、日本国内、特に大阪における産婦人科医療体制の整備・充実に尽力している。

逆子だと、どんなことが問題になるの?

逆子=赤ちゃんの頭が上にある状態

通常、赤ちゃんは頭を下にした姿勢で出産に臨みます。これを「頭位」といいます。一方、赤ちゃんの頭が上にあり、お尻や脚がお母さんの骨盤にある姿勢を「骨盤位」といいます。これがいわゆる逆子です。健診で「逆子ですね」と言われると心配してしまいますが、赤ちゃんは妊娠30週くらいまでは羊水の中で活発に動き回っているため、珍しいことではありません。妊娠中期までは30~50%が逆子ですが、赤ちゃんが大きくなるにつれて頭位に位置が定まり、妊娠30週頃には15%に、そして分娩時には3~5%にまで減少します。

逆子だと経腟分娩がハイリスクに

逆子であっても、赤ちゃんの胎内での発育に影響はありません。危険があるのは経腟分娩です。赤ちゃんは頭が一番大きく、通常の頭位であれば、頭が出てくればあとはスムーズに肩・胴・脚も出てきます。しかし、逆子では最後に出る頭が引っ掛かって出にくい、産道を通過するのに時間がかかる、といったことが起こります。また、赤ちゃんに酸素を送る臍帯(へその緒)が骨盤と赤ちゃんの体の間で圧迫されたり、先に出てしまったりしやすいため、赤ちゃんが低酸素状態になり、仮死状態で生まれるリスクも。このような状況から、逆子であれば赤ちゃんの安全のために帝王切開での出産が一般的になっています。

逆子を直すために有効な方法はある?

おなかの上から赤ちゃんを回す「外回転術」

逆子を直す方法として、熟練した医師が妊婦さんのおなかの上から手を当てて赤ちゃんを回し、頭を下にする「外回転術」があります。その成功率は60~70%と高く、欧米では一般的な逆子の矯正法ですが、術中に常位胎盤早期剥離や赤ちゃんの心拍数の悪化などが起こって緊急帝王切開になることも稀にあります。そのため、病院が緊急帝王切開を行える態勢であること、赤ちゃんが生まれてもよい週数であることなどの条件を満たしていなければ行うことはできない施術であり、実施していない病院もあります。このほか、逆子を直すために、以前は「逆子体操」がすすめられることもありましたが、その有効性については証明されていません。

コラム

胎児の状態をモニターしながら慎重に行われる外回転術

◯実施するのは妊娠35~36週
回したときに赤ちゃんの具合が悪くなり、緊急帝王切開になる危険性が1~2%の確率であるため、赤ちゃんが生まれても大丈夫な妊娠週数で行います。週数が早いとまた戻ってしまうことがあり、逆に遅いと回転しにくいといわれています。

◯赤ちゃんの心拍を確かめながら
帝王切開の態勢を整えた上で、手術前には赤ちゃんの状態をモニターし、元気であることを確認してから開始します。また、子宮収縮抑制剤を投与し、おなかの緊張をゆるめます。超音波で赤ちゃんの心拍を確認しながらゆっくりと医師がおなかの上から赤ちゃんを回します。術後は成功してもそうでなくても赤ちゃんのようすをモニターし、問題がないかどうか確認します。

この記事のまとめ

リスクが高い逆子での経腟分娩。赤ちゃんにより安全な選択を

赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に入らず、脚やお尻が下を向いた状態の逆子(骨盤位)。34週くらいまでには9割の赤ちゃんが頭位に定まっていくものの、分娩時まで逆子の状態でいるケースも3~5%存在します。逆子の状態での経腟分娩は危険がともない、胎児死亡や重篤な合併症が起こる割合も高いため、現在はより安全な帝王切開での分娩が主流です。逆子に悩む妊婦さんは、不安があれば主治医によく相談してみてください。

構成・文/
福永真弓
イラスト/
小波田えま