妊娠・出産・育児の情報サイト

【助産師監修】麻酔を使わず出産の痛みを和らげる自然分娩の方法は? フリースタイル、ソフロロジー、水中etc.

辛い陣痛を、麻酔を使わずに和らげる方法があります。なるべく自然に産みたい。だけど痛みは和らげたいという人におすすめ。それぞれの出産方法のやり方やメリットなどを助産師の柳村直子さんに伺いました。

助産師

柳村直子さん

日本赤十字社医療センター
周産期外来 看護師長

助産師になって20年。NICU・GCU、産後ユニット、MFICU、分娩室、看護部を経験し、現在は周産期外来で妊婦さんや産後のお母さんや赤ちゃん・子どもたちと接している。

分娩姿勢を決められる「フリースタイル分娩」

妊婦さんが楽に過ごせる姿勢がとれる

一般的なお産では、分娩台の上であおむけとなり、足を広げる姿勢になります。しかし、この姿勢では腰が痛い、緊張してしまう、または力が入れにくいと感じることもあります。「フリースタイル分娩」は、陣痛中はもちろん、分娩のときも、妊婦さんが自由に体位や姿勢を決められます。姿勢に迷っても助産師に相談しながら、自分が楽だと感じる姿勢を探して大丈夫。横向きや四つ這い、バランスボールにつかまる、夫につかまるなど、とにかく自由! 途中で姿勢をかえるのも、もちろんOKです。

布団やベッドで好きな体勢に

分娩台の上だと、姿勢をかえるのは難しいですが、「フリースタイル分娩」は自由な姿勢になれる大きさのベッドだから、好きな姿勢で過ごせます。もちろん、「フリースタイル分娩」でも、あおむけがいいと感じるのなら、あおむけで生むのでも構いません。中には、和室にお布団を敷いた部屋でお産ができる産院もあります。たちあう家族も過ごしやすく、家にいるようにリラックスできるのがメリットです。

フリースタイル分娩ができるには「赤ちゃんが元気であること」が一番の条件です。また陣痛中は好きな姿勢で過ごすことができても、いざ出産となったらあおむけにならないといけないこともあります。妊婦さんの状態、赤ちゃんの状況の変化をみながら、その時に一番楽で安全な姿勢を助産師と一緒に考えていきましょう。

イメトレでポジティブになる「ソフロロジー分娩」

妊娠中から痛み逃しのトレーニングをする

「ソフロロジー分娩」とは、陣痛や分娩の痛みを、「怖い」「不安」と捉えるのではなく、「赤ちゃんに会える喜び」といったポジティブな捉え方にかえて分娩に備える方法です。妊娠中から呼吸法やイメージトレーニング、エクササイズなどを取り入れ、陣痛中の痛み逃しや、分娩時に力を抜いてリラックスできるようにします。何より、お産に向けてしっかり準備ができているという自信が緊張をほぐし、リラックスにつながります。

赤ちゃんへの愛情もより深められる

妊娠中から準備をする「ソフロロジー分娩」。アロマオイルを使用する中、ヨガや呼吸法で、瞑想しながら呼吸に集中し、体の力を抜いて、痛みをコントロールします。イメージトレーニングにもいくつかの方法がありますが、例えば、花が咲くように子宮口が開いて、そこを赤ちゃんが通ってくるようすなどをイメージします。「赤ちゃんも一緒にがんばっている」と意識できることで、赤ちゃんへの愛情をより深められると考えられています。

温水と浮力でリラックスできる「水中分娩」

陣痛中も温水に入りリラックスできる

専用の浴槽に下半身を浸して、水の中で出産する方法。「水中分娩」といっても、冷たい水ではなく、38度くらいのぬるま湯です。浴槽には体位を安定させたいときや、いきむときにつかまれるバーや、水中で座れる台などもあります。温水のあたたかさと、浮力があるおかげでリラックスしやすいと言われます。

リスクも知って産院選びをしっかりと

水中分娩は出産時に水の中にいるため、緊急時の対応が遅くなるなど、まったくリスクがないわけではありません。水中分娩を行うには、母子の安全のためにいくつかの条件があり、自分で生まれてくる赤ちゃんを受け止めるため、妊娠中に講座を受けるなどの準備も必要です。産院の説明をしっかり聞いて、納得してから選んでください。

水中分娩を選択しなくても、リラックスのため陣痛中に温浴することができる産院もあるので、ぜひ聞いてみてください。

この記事のまとめ

自然分娩もいろいろ。自分に合う方法を選んで

一口に「自然分娩」と言ってもいろいろな方法があります。「無痛分娩」も含め、自分がどんなお産をしたいのかを大切にして、じっくり検討してください。自由に動きたいと思うなら「フリースタイル分娩」、お産に前向きに向き合いたいなら「ソフロロジー分娩」など、自分のタイプに合うもので、納得できる産み方を選んでください。

構成・文/
江頭恵子
イラスト/
松木祐子