妊娠・出産・育児の情報サイト

【医師監修】「前置胎盤」と診断されました。気を付けることや出産は?

おなかの赤ちゃんに酸素や栄養を送り届ける胎盤は、生まれる瞬間まで赤ちゃんの命を支える大切な臓器です。しかし「前置胎盤」といって、本来は子宮の高い位置に形成されるべき胎盤が、子宮口を覆ったり、その近くに及ぶ低い位置にあるとさまざまなリスクをともないます。

前置胎盤と診断されたらどんなことに気を付けて過ごすべきか、分娩はどうなるのか。気になることをまとめて紹介します。

監修医師

村田雄二先生

大阪大学医学部名誉教授。
ベルランド総合病院 周産期医療研究所 所長・医学教育センター長。産婦人科専門医。米国産婦人科専門医。米国周産期医学専門医。

大阪大学医学部卒業後、南カリフォルニア大学医学部産婦人科准教授、カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科准教授を経て1986年カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科教授に就任。1996年大阪大学医学部産婦人科学教室教授、2002年大阪大学医学部附属病院副院長を経て、2006年同大学名誉教授。日米で産科医療の臨床研究と若手医師の育成に長年携わり、次世代のリーダーとなる人材を多く輩出。2009年より現在の病院にて、日本国内、特に大阪における産婦人科医療体制の整備・充実に尽力している。

「前置胎盤」とは、どのような状態ですか?

胎児の成長になくてはならない胎盤

胎盤は、胎児の生命を維持し、成長を支えるためにさまざまな役割を果たす重要な臓器です。妊娠の経過とともに大きくなり、分娩を迎える頃には直径約20cm、厚さ2~3cm、重さ約500gの円盤状になります。母体の血液で満たされたプールに胎児の絨毛(毛細血管)が浸かっているような構造で、血液を通して胎児に必要な酸素や栄養と不要になった二酸化炭素や老廃物を交換するほか、妊娠の維持に必要なホルモンを生産したり、有害物質をシャットアウトしたりする働きもあります。胎盤へ十分に血流が行き渡ることで、胎児は元気に成長していきます。

胎盤が低い位置にある「前置胎盤」

通常、子宮内の胎盤は子宮の出口(内子宮口)から離れた子宮体部と呼ばれる位置にあります。子宮口から見て胎児よりも奥に胎盤があることで、経膣分娩では赤ちゃんが出た後に胎盤が出るという順になり、分娩中も胎盤から赤ちゃんへ酸素や栄養を送ることが可能です。

しかし、胎盤が通常よりも下の方、子宮口を全てふさぐ位置や子宮口の一部にかかってしまうような位置についていると、胎児の通り道をふさいで経膣分娩が難しくなるだけでなく、妊娠後期や分娩時に大出血を起こしやすくなるため、細心の注意が必要です。このような状態を「前置胎盤」といいます。

「前置胎盤」はどのように診断される?

胎盤の位置は、健診時の超音波検査でわかります。ただし妊娠初期や中期では、「ちょっと胎盤の位置が低いです」と診断されても、過度な心配はいりません。なぜなら子宮は下から上の方へ伸びるように成長するため、胎盤が子宮壁と一緒に移動することが珍しくないからです。「妊娠16週で前置胎盤もしくは低置胎盤と診断された人のうち80%が経膣分娩できた」との報告もあり、出血には注意しながらも慎重に経過を見ていくことが大切です。妊娠31週を越えるとほとんど胎盤の移動はなく、診断が確定されます。

コラム

前置胎盤の分類

前置胎盤は、胎盤と内子宮口の位置関係によって次の図のように分類されます。低置胎盤についても、前置胎盤と同様に出血などのリスクがあるため、経過を注意深く観察します。

●正常
胎盤のふちと内子宮口が離れている

●全前置胎盤
胎盤が内子宮口を完全に覆う

●部分前置胎盤
胎盤のふちから内子宮口までが2cm未満で、内子宮口の一部を覆っている

●辺縁前置胎盤
胎盤のふちから内子宮口までがほぼ0cmで、内子宮口のふちに達している

●低置胎盤
内子宮口には達していないので「前置胎盤」ではないが、正常よりも胎盤位置が低い

「前置胎盤」と診断されたら、気を付けることは?

前置胎盤になりやすいのは?

なぜ胎盤が子宮口近くに形成されるのか、その原因は不明です。ただし、高齢妊娠、経産婦(多産婦)、多胎妊娠、帝王切開を受けたことがある人、喫煙している人、以前に子宮の手術を受けた人(流産・妊娠中絶手術、子宮筋腫核手術など)などのケースで多く見られるため、子宮の血流障害や子宮内膜の傷が関係していると言われています。

前置胎盤と診断されたら、何に注意する?

前置胎盤で注意しなければいけないのは、妊娠中期以降の「痛みをともなわなくても流れて出るような出血」です。特に後期(妊娠28週以降)は、おなかが張ることが多くなったり子宮口がやわらかくなったりして子宮壁と胎盤との間にずれが生じ、胎盤から出血が起こります。

「前置胎盤・低置胎盤の疑いがある」と言われたら、いつ出血があるかわからないというつもりで入院準備をしておきましょう。心の準備に加えて、そばにいて何かあればすぐ手配をしてくれる家族がいると安心です。そして突然の出血があれば、少量でも油断せずにすぐに産婦人科を受診しましょう。出血量が多いときは一刻を争うので、救急車で病院に向かってください。出血があれば多くの場合はそのまま入院となります。

おなかの張りや出血が起こると早産になる可能性も高いため、前置胎盤の疑いがある場合はできるだけ安静に、無理をしないで過ごしましょう。マタニティスポーツや、体の負担になる仕事、性交渉は控えます。

「前置胎盤」の分娩はどうなりますか?

出血のリスクに備えて帝王切開分娩に

前置胎盤では、その程度にもよりますが、胎児が出てくる時に胎盤がはがれる危険性や大量出血のリスクがあることから、多くは37~38週に予定帝王切開を行います。早期に少量の出血があった場合は、妊娠を継続するために子宮収縮抑制剤を投与して安静を保ち、できるだけ長く胎児の成長を待ちますが、緊急帝王切開になることもあります。

前置胎盤の分娩では、出血が多量になる可能性が高く、次のような「癒着胎盤」のケースも考えられます。帝王切開や輸血にも速やかに対応でき、NICU(新生児集中治療室)もある施設での分娩が安心です。また、里帰り出産であれば早めに帰省し、前置胎盤の状況を医師に伝えましょう。

コラム

前置胎盤で起こりやすい「癒着胎盤」とは

ごく稀なケースですが、前置胎盤は「癒着胎盤」にもなっている危険性があり、問題となっています。

これは胎盤が形成される際に、胎盤の一部となる絨毛が、通常であれば子宮内膜が変化した脱落膜にもぐりこむところを、その奥の子宮筋層にまで浸入してしまうもので、胎盤の一部または全部が子宮壁と強く癒着してしまう状態です。通常、胎盤は分娩後、自然にはがれて子宮から外へ出てきますが、癒着胎盤は子宮にがっちりとくっついてはがれず、胎児が娩出されたあと、胎盤がはがれる時に大出血を起こすこともあります。

この記事のまとめ

「前置胎盤=出血しやすい」と常に心がけて

普段は特に自覚症状のない前置胎盤ですが、妊娠後期になると出血を起こしやすくなるため、注意が必要です。おなかが張ると出血しやすいので、無理をせず安静に努め、早産につながる出血を予防しましょう。出血があればほんの少しの量であっても油断せず、すぐに受診してください。

構成・文/
福永真弓
イラスト/
小波田えま