妊娠・出産・育児の情報サイト


地獄を抜けた先にあったものは、悪あがきの日々!?つわりの終わりに始まるもの by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20160412145830p:plain

以前描いた、地獄のような二人目妊婦のつわりも、妊娠4ヶ月も後半になると落ち着いてきました。

何を食べても吐く、食べたいと思わない、食べることを想像するだけで気持ち悪い……という状態から、あれ?あれならいけるかも?という候補が出てくるのです。 

それがビンゴ!となって、「おいしい!!」と思えた時の感動ったらないです。

 

私はつわり中、「つわりが終わったら食べたいものリスト」を作っていたくらい、おいしいものをおいしいと食べられない状態が、つらくてたまりませんでした。

そのつらい状態が、やっと終わったのです。

食べずにいらいでか!!!

 

とまあ、喜びのあまり食べ過ぎてリバウントして、ドクターから「体重管理」をきつく言われるというのが、1人目も2目もお約束の流れでした。

 

特に2目の時は、1目の時の産後太りが解消されてないまま妊娠したので、最終的な体重増加は「+5kg」に押さえましょうって・・・

それ、妊婦しながらダイエットしろってことじゃないですか!?

びっくりですよね☆

 

ただ、二目の時は、上の子の育児で動いてたし、食事も上の子と一緒に規則正しい時間に食べていたので、大丈夫だろうと思っていたんです。

 

本気で。

 

知らなかったんです。

 

「何をしなくても、太る」という状態が、この世にあるなんて……!!!

 

この時、私は37歳。

育児と家事と仕事に慌ただしい毎日で、代謝は悪くなる一方。

一回目の時にせっせと励んだ、マタニティヨガやストレッチも、二回目はそんな余裕なく。

 

うん、そっか、こうして書いてみると、そりゃ、痩せないよね~、キャハッ!

 

ーーーそれからは、体重管理と書いて、悪あがきと読む日々の、始まりです。

 

飲み水は、ミネラル豊富で便秘解消に効果があると言われている「コントレックス」を箱買いしてがぶ飲み。

つわりの時から重宝していた「葉酸キャンディ」はノンシュガーだから、小腹が空いたら口に入れて。

「食べる順番」を意識するといいと聞けば、野菜→肉/魚→炭水化物の順に食べ、雑誌の低炭水化物ダイエットなんて特集を読んだ日には、晩御飯はご飯抜きにしたり。

 

審判の刻(妊婦検診)は、めっちゃ薄手のワンピースを着て、上着とレギンスを装着。

まずは病院に着いたら、採尿も兼ねてトイレにこもり、限界まで絞り出し。

そして、いよいよ体重計の前に立ったら、上着とレビンスを脱ぎ、下着と薄手のワンピースのみの姿に!

 

……あがきました。

優雅に泳ぐ白鳥は、水面下でめっちゃ足掻いてるらしいですけど、私は上半身も無様なほど必死に水を掻いて、臨月までたどり着いたのです。

 

結果としましては……(ドルルルルルルル、母子手帳開いてバーン!)

最後の定期検診が12月25日、36w1dで、妊娠前体重の+6kg!!!

 

がんばりました!!!

が、がんばりました、よね?

 

ただまあ、最終的には、予定日が年明けなので、年末年始のごちそうラッシュで、まあ、ね……。

(お察しください)

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:4歳と2歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。4歳男児&2歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。