妊娠・出産・育児の情報サイト


【医師監修】つわりはもう終わったはずなのに…妊娠後期の吐き気の原因は?

つわりのような吐き気・嘔吐の症状がある、胃が痛い、げっぷが増える、胸やけがする…。 妊娠後期になって起きるこれらの不快な症状は、妊婦さんの間では「後期つわり」とも呼ばれていて、悩んでいる人が多いことを示しています。どうしてこんな症状が起きるのか、産婦人科の先生に聞いてみました。

監修医師

林 聡先生

東京マザーズクリニック 院長

産婦人科専門医。広島大学大学院医学系研究科修了後、県立広島病院産科婦人科勤務、フィラデルフィア子ども病院・ペンシルバニア大学胎児診断・胎児治療センター留学、国立成育医療センター周産期診療部胎児診療科医長を経て、2012年東京マザーズクリニックを開院。妊娠中からの母体・赤ちゃんの健康管理、プロフェッショナルチームが支える中での無痛分娩を基本とした安全な分娩の提供、助産師による妊娠中および産後ケアの充実という3つの理念をもとに日々の診療を行っている。

「後期つわり」って本当にあるの?その原因は?

後期の母体変化がつわりに似た症状を起こす

妊娠後期のつわりのような症状は、妊婦さんの間では「後期つわり」と呼ばれていますが、医学的にはそのような言葉はなく、定義もありません。ただ、妊娠後期の母体の生理学的変化によってつわりに似た症状が起こるため、そのように呼ばれているようです。妊娠後期のつわりに似た症状には、下記のようなものがあります。

◯吐き気・嘔吐がある
◯胃が痛い
◯げっぷ、胸やけがある

なぜ、つわりのような症状が起こるの?

妊娠後期につわりに似た症状が起こる原因は、以下のような妊娠後期の母体の変化が原因です。

●子宮が大きくなることによって胃や腸が物理的な圧迫を受けること
●妊娠中に分泌量の増える黄体ホルモン(プロゲステロン)が、胃や腸などの消化器官の筋肉をゆるませてしまうこと

これらが原因となって消化器官の運動が低下し、胃や腸に長い時間内容物がとどまってつわりに似た不快な症状を引き起こします。

また、食道と胃の境目にある下部食道括約筋は、胃酸が胃から出ないように「弁」のような役割をしますが、この筋もプロゲステロンの影響でゆるんでいるため、胃酸がおなかの圧迫によって食道に逆流しやすくなっています(逆流性食道炎)。妊娠後期に胸やけの症状が起こるのは、このことが原因になっていることもあります。

不快な症状を少しでもやわらげるには?

胃に負担がかからないよう食べ方の工夫を

子宮によって胃が圧迫され、消化器官の働きが低下していることから起こる「後期つわり」。この時期の胃腸の不快感は、胃に優しい食べ物・食べ方で乗りきりましょう。

◯満腹になるまで食べないで、食べる量を控えめに
◯食事の回数を増やし、1回の食事量を減らす
◯刺激物や脂っこいもの、消化の悪い食品を過剰にとらない
◯食後はすぐ横にならないようにする

このあと分娩が近づいてくると、赤ちゃんの頭が母体の骨盤内におりてきて赤ちゃんの位置が下がるため、子宮が胃を圧迫することはなくなります。それにともなって不快感はなくなり、食欲も戻ってくるようになります。

つわり症状にかくれた病気には注意して

「胃が痛い」という場合には受診を

妊娠後期の胃腸の不快感には、病気がかくれている可能性も。特に、「胃が痛い」という症状には注意が必要です。症状が強い場合は胃がんの可能性もあるため、あまりに痛い、という場合は一度かかりつけの先生に相談してみてください。また、心窩部(みぞおち)が痛いという場合は、「妊娠高血圧症候群」の症状のひとつである場合があります。これらはどちらもまれではありますが可能性は考えられるので、「妊娠後期のよくあるつわり」と軽く見たり、自分で判断したりせずに、一度受診してみましょう。場合によっては、胃薬も処方されます。

この記事のまとめ

臨月に入って胃の圧迫感が軽減するまでは、食事の量や回数を調節して

妊娠後期の吐き気や嘔吐、胃痛、げっぷや胸やけなどの症状は、子宮が胃腸を圧迫することや、ホルモンの影響で消化管の働きが弱まっていることなどが原因です。過食を避け、そのぶん食事の回数を増やすなど、胃の負担を減らす食事の量、回数、食事内容を心がけましょう。妊娠週数が進み分娩が近づくと、胎内の赤ちゃんの位置は下がるので、胃の圧迫感は軽減します。

構成・文/
福永真弓
イラスト/
小波田えま