妊娠・出産・育児の情報サイト

【医師監修】妊娠中の「出血」の原因は?どんな状態なら受診するべき?

下着についた血を見るとドキッとするもの。出血のなかには妊娠の経過に関係がなく心配しなくてよいものもあれば、危険な兆候であるものもあります。気になる出血とその原因についてご紹介します。

監修医師

村田雄二先生

大阪大学医学部名誉教授。
ベルランド総合病院 周産期医療研究所 所長・医学教育センター長。産婦人科専門医。米国産婦人科専門医。米国周産期医学専門医。

大阪大学医学部卒業後、南カリフォルニア大学医学部産婦人科准教授、カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科准教授を経て1986年カリフォルニア大学アーバイン校医学部産婦人科教授に就任。1996年大阪大学医学部産婦人科学教室教授、2002年大阪大学医学部附属病院副院長を経て、2006年同大学名誉教授。日米で産科医療の臨床研究と若手医師の育成に長年携わり、次世代のリーダーとなる人材を多く輩出。2009年より現在の病院にて、日本国内、特に大阪における産婦人科医療体制の整備・充実に尽力している。

妊娠初期の出血には、どんな原因があるの?

重大なケースの可能性も。少量の出血でも注意して

妊娠がわかって間もない頃は、流産や子宮外妊娠などのトラブルの可能性もあって不安定な時期。早めに産婦人科を受診して、正常な妊娠であることを確認しておくことが大切です。出血が見られたら量の多い・少ないにかかわらず、その状態(量や色、頻度など)とおなかの張りや痛みがともなうかどうかを確認し、まずは医師に相談しましょう。自分だけで判断するのは危険です。

妊娠初期の出血-心配のないもの

◯子宮頸管ポリープ・子宮腟部びらんからの出血
子宮頸管ポリープとは、子宮の出口付近の頸管内にできる良性の腫瘍で、組織がやわらかく傷つきやすいため出血しやすくなっています。一方、子宮腟部びらんは子宮の入り口の赤くただれた部分をいい、上皮が薄いため炎症や出血しやすい状態です。どちらも胎児を妊娠している部位とは違うところからの出血で、流産のリスクはあまりありません。

◯着床時の出血
妊娠の初期、ちょうど次の月経の予定日の頃に少量の出血が見られることがあり、着床時の出血と言われます。数日で治まれば、問題はありません。

妊娠初期の出血-受診が必要なもの

●絨毛膜下血腫(じゅうもう まっかけっしゅ)
胎児は羊膜・絨毛膜・脱落膜の3つの卵膜に包まれています。着床時には、子宮側の脱落膜(子宮内膜が変化したもの)に、受精卵から作られた絨毛膜が浸入して密着しますが、何らかの原因で脱落膜と絨毛膜の間に血腫ができてしまうことがあり、これを「絨毛膜下血腫」といいます。出血や初期の超音波検査で見つかり、血腫が大きい場合は流産・早産になることも。判明した場合は切迫流産と同様に安静にし、健診などで経過を観察していきます。

●異所性妊娠(いしょせい にんしん)
一般的には「子宮外妊娠」とも呼ばれています。受精卵が子宮内膜以外に着床してしまうことで、大半は卵管内の着床です。妊娠5~6週頃に見られる少量の出血と下腹部痛がそのサインとなります。放っておくと卵管破裂を招き、妊婦さんの命に関わるため、摘出手術が行われるほか、診断が早い時期につけば注射で治療する場合もあります。

●胞状奇胎(ほうじょうきたい)
妊娠のごく初期から少量の出血が続くほか、ホルモンの影響でつわりの症状が強く出ることが特徴。受精時の異常が原因で、胎児ができず絨毛組織が異常に発育して子宮内に充満する病気です。診断を受けたら、子宮内の異常組織を除去する手術をすることになります。

●切迫流産・流産
少量の出血に下腹部痛をともなうことが切迫流産のサイン。おりものに混じる程度の出血や茶褐色の分泌物でも注意が必要です。また、突然に多量の出血が見られることもあります。妊娠12週未満の早期流産は染色体異常など胎児側の原因が多く、防ぐことができません。切迫流産であれば、安静にしていることで妊娠の継続が可能です。一刻も早く受診しましょう。

妊娠中~後期の出血をともなうトラブルは?

出血がサイン。リスクの高い3大トラブル

妊娠中期以降の出血では、内診やセックスの後などに一時的に見られるおりものに混じった出血や、臨月に見られる「おしるし」はトラブルの心配のないものといえます。一方、最も注意しなければいけないものが切迫早産の兆候となるものです。おなかの張りや痛みをともなう出血が見られたら、早急に受診しましょう。

●切迫早産・早産
出血とともに、周期的なおなかの張り・痛みがあることが切迫早産(早産になりかかっている状態)の兆候です。わずかな量でも出血が見られるのは子宮口が開いてきている可能性、おなかの張りや痛みが続くのは子宮の収縮があることを示しているため、すぐに病院に連絡し、診察を受けることが必要です。安静にして適切な治療を受ければ、おなかの中で赤ちゃんを育て続けることができるので、気になる症状があれば受診して早期発見することが大切です。

●前置胎盤(ぜんちたいばん)
「前置胎盤」とは、本来、子宮の高いところにつくはずの胎盤が、子宮の下方にある赤ちゃんの出口(内子宮口)を覆ってしまう状態で、後期になると胎盤がはがれやすくなったり、分娩時に出血多量になりやすかったりと高いリスクがあります。超音波検査で「前置胎盤がありますね」と言われた人は、出血が見られたら量にかかわらず病院で診てもらうようにしましょう。痛みをともなわない鮮血の出血のときが多く、大量出血を起こすこともあります。

●常位胎盤早期剥離(じょうい たいばん そうきはくり)
おなかの赤ちゃんの成長に欠かせない酸素や栄養をやりとりする胎盤が、何の前ぶれもなく出産の前に突然はがれ落ちてしまう「常位胎盤早期剥離」。母子ともに命に関わる重大な病気です。症状は切迫流産とよく似ていて、多くの場合は出血とおなかの張りや痛みです。はがれた胎盤の部分が大きいほど出血量は多くなりますが、全く出血のない場合も。ただし出血がないのは、胎盤と子宮壁の間に血液がたまってしまって体外に出ていない状態なので、出血の有無だけで受診を判断せず、下腹部に激痛があれば救急車で一刻も早く病院へ向かいましょう。

この記事のまとめ

出血はトラブルのサインかも!?量に関わらず診察を

量の多い・少ないにかかわらず、危険なトラブルの兆候となる「出血」。出血があった場合は少量でも見逃さず、色や状態、頻度、下腹部痛がともなうかどうかなどをチェックしましょう。結果的に心配のない出血であったとしても構わないので、自己判断をせず、まずは診察を受けることが大切です。

構成・文/
福永真弓
イラスト/
小波田えま