妊娠・出産・育児の情報サイト

【医師監修】妊娠15週(妊娠4ヶ月:妊娠初期)

2020-04-23

妊娠15週の赤ちゃんの様子

手足の爪ができてきて手には手相も
からだの骨や器官もどんどん発達

15週のエコー写真。手のひらや指がはっきり。手相らしきものも見えます画像提供:丸茂レディースクリニック

頭からお尻までの長さは約9cm(身長は約16cm)になります。皮膚はまだ薄くて、毛細血管が透けてみえるので、赤ちゃんは全体的に赤っぽい肌色をしています。手や足の爪の発育も進んで、手には手相らしきものも見えるようになってきました。

からだの器官はほぼできあがってきましたが、これから大脳半球の発育も進んでいきます。他の動物に比べて人間は大脳半球がよく発達しており、これから表面積を増やしながら、しゃべったり考えたりするときに働く部分を発達させていきます。

監修医師

丸茂 元三先生

産婦人科医
丸茂レディースクリニック 院長

産婦人科専門医、超音波専門医。東京大学医学部附属病院産婦人科 助手等を経て、板橋中央総合病院産婦人科 医長ののち、2013年9月 丸茂レディースクリニック開設。

妊婦15週のママの体の変化とアドバイス

出産前に旅行に行きたい
海外旅行、国内旅行をしてもOK?

今までの経過が順調でも、そして安定期でも、何が起こるかわからないのが妊娠。楽しい計画だけでなく、旅先で出血して現地の病院に行くことになればどうなるかなど、リスクを考えて十分に検討して。

旅行のリスクを十分考えた結果、もし旅行をすることに決めた場合は、いろんな場所を回るような周遊型でなく、1カ所にとどまってホテルステイや食事を楽しむ滞在型の旅をすすめます。何かあったときに24時間体制で診てもらえる医療機関があることも必須条件です。荷物をいかに少なくするかも、移動疲れを減らすカギになります。旅先にも母子手帳は必ず携行しましょう。

また海外旅行は、医療費が驚くほど高額なのに、多くの海外旅行傷害保険では妊娠に関係するトラブルは保障対象外なので、あまりおすすめできません。

監修医師

林 聡先生

産婦人科医
東京マザーズクリニック 院長

産婦人科専門医、臨床遺伝専門医、超音波専門医、周産期(母体・胎児)専門医。国立成育医療センター周産期診療部胎児診療科 医長ののち、2012年1月より 東京マザーズクリニック院長に就任。

  1. < 妊娠14週
  2. 妊娠16週 >