妊娠・出産・育児の情報サイト

皮膚カンジダ症の症状と治療法

カンジダはカビの一種。薬の使用は慎重に

カビの感染が原因。首の周りやオムツの中にできやすい

首の周りやオムツの中など、蒸れる部分に発症しやすいのが皮膚カンジダ症です。カンジダ菌というカビの一種に感染すると、赤くブツブツした湿疹(しっしん)が広がります。健康な皮膚との境目がはっきりしているため見分けがつきやすく、悪化すると水疱(すいほう)や膿疱(のうほう)になることもあります。オムツかぶれと症状が似ていますが、オムツが直接当たっていない股のしわやくぼみの部分にもできるのが特徴です。オムツかぶれと合併して発症することもあります。

まずは清潔に。薬の使用はプロの判断を仰ぎましょう

まずはオムツかぶれの場合と同じように、蒸らさないようにすることを心がけましょう。カンジダ菌は乾燥に弱いため、きれいに洗って乾かしてからオムツをつけるようにするといいでしょう。それでもよくならない場合は小児科を受診して、薬を処方してもらってください。ここで注意して欲しいのですが、ステロイド入りの塗り薬を使うと皮膚カンジダ症は悪化してしまいます。オムツかぶれと併発している場合はまず皮膚カンジダ症を先に治すようにしましょう。