妊娠・出産・育児の情報サイト

虫刺されの症状と治療法

夏に保育園や幼稚園で流行しやすい

とびひなどに繋がってしまう可能性も

赤ちゃんや幼児が虫に刺された場合、特別な注意が必要です。蚊やダニ、ハチ、ムカデなどの虫に刺されると、刺された箇所が赤くはれたり、かたくなったりし、かゆみや痛みを伴います。ひっかいてしまってとびひになることや、一度はれが収まっても、翌日また出てくることもあります。赤ちゃんの皮膚は薄く、その虫に対する免疫もないので、刺されると症状がひどくなりがちです。

赤ちゃんは皮膚が弱いので注意が必要

ハチに刺された場合は、すぐに病院へ連れて行き診察をうけましょう。それ以外の虫の時は、水で刺されたところを洗い流してから、虫刺されの薬を塗り様子を見ましょう。市販されている赤ちゃん用の薬でも大丈夫です。それでも症状がひどい場合は、受診しましょう。ステロイド薬入りの塗り薬や抗ヒスタミン入りの塗り薬が処方されるでしょう。ただの虫刺されといっても大人と赤ちゃんでは皮膚の強さなどが違うので注意が必要です。