妊娠・出産・育児の情報サイト

接触性皮膚炎の症状と治療法

手が汚れた場合はこまめに洗いましょう

様々なものが原因となりうるので注意

何かに皮膚が接触してかぶれた状態を総称して接触性皮膚炎といいます。原因はアレルギーと刺激がありますが、突然赤い湿疹(しっしん)が出て、激しいかゆみが出てきます。アレルギーの原因となるものは接触性アレルゲンといいます。植物や虫、砂、薬などが主な原因として考えられます。また、赤ちゃんの場合はよだれや汗、食べ物、果汁などでかぶれることも。幼児だと、砂場の砂や毛虫、スニーカーでこすれることなどが刺激となり原因になります。

かゆみ止めの使用。清潔に保つことが大事

水でかゆみの原因を洗い流し、かゆみ止めを塗るのが主な治療法です。ひどくかきむしる、皮がむけるなどの症状が見られたら受診しましょう。かゆみを止めるステロイド剤の塗り薬を1日に2回ほど塗り、患部を清潔にすることで原因を取り除けば数日で治るでしょう。かぶれやすい体質の子は、食事の後はすぐ汚れを落とすようにする、砂場や外で遊んできた場合はせっけんで入念に洗うなどの習慣をつけることで予防しましょう。