妊娠・出産・育児の情報サイト

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)の症状と治療法

皮脂の分泌が多い新生児期に多く発症

皮脂が固まって黄色いかさぶたになります

皮脂(ひし)の分泌がさかんな新生児期などに、皮脂腺の多い頬や額、髪の毛のはえぎわ、胸などに赤いブツブツが出る病気です。髪のはえぎわやまゆげのあたりに黄色いかさぶたのようなものができるのが特徴です。このかさぶたはベタベタして嫌なにおいがすることがありますが、これは皮脂が固まったものです。ベタベタはしますが、アトピー性皮膚炎などと違いかゆみが少ないのが特徴で、赤ちゃんはあまりぐずりません。

自然に治るものがほとんど。根気強いケアを

赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげることによって、3週間から数カ月で自然に治ることが多いです。ただし、湿疹がひどくなりうろこ状のかさぶたができている場合は、おふろの前に脱脂綿(だっしめん)にベビーオイルを浸して30分ほどその部分に当ててあげましょう。かさぶたがやわらかくなっているので、石けんで洗ってあげるときれいに流せます。一度きれいにしても汗や皮脂の分泌によって繰り返しかさぶたができてしまいますが、汗をかき過ぎないよう体温調節をしながら根気よくケアしてあげましょう。