児童手当:児童手当の申請は住んでいる自治体のみなので注意

児童手当:児童手当の申請は住んでいる自治体のみなので注意

※雑誌「妊すぐ2013年10月号」の記事となり、当時の記事を掲載しています

児童手当の申請は、誕生時だけの特例として「15日以内に申請すれば翌月から支給」制度があります。これは、たとえば、7月5日生まれの子は、15日以内、つまり7月20日までに申請すれば、いずれにしても、8月分からの支給を受けられますが、7月20日生まれの子でも、8月4日までに申請すれば、8月分から支給を受けられるという、月末生まれの子への配慮といえます。  また、里帰り出産をしている場合、出生届は、住所のない役所でも受け付けてくれますが、児童手当の申請は住所のある役所でないと受付NG。なので、自宅にいる彼が手続きをしないと15日ルールの適用を受けられないという落とし穴もあります。また、振込口座は主たる生計者の名義の口座しか受け付けてくれません。赤ちゃん名義ではダメですので、そこも事前に気をつけて。

妊娠・出産「かかるお金」「もらえるお金」バイブル